メニュー

B クラス全体で行う,ソーシャルスキル向上のための授業

Bは,クラス全体の子どもたちのソーシャルスキルの向上をめざすために,教育計画の中に位置づけて授業を行っていく方法です。よりよい表現の方法を,楽しく繰り返し練習することによって,子どもたちのソーシャルスキルを高めていくことをねらっています。具体的な授業の展開については,専門書もたくさん出版されているので,参考にしてください。また,光村図書出版の道徳副読本にも,発達年齢に応じたソーシャルスキル教育を行うことができるように,資料が掲載されています。どうぞご活用ください。

私は5年生に,「上手な頼み方」の授業をしたことがあります。重い荷物を運ばなければならない場面で,遊んでいる友達に声をかけて,手伝ってほしいと頼むという設定で行いました。
授業の前に,5年生にしては課題が低すぎたかもしれないと思ったのですが,実際にやってみると予想は覆されました。多くの子どもたちが,「こんな風に言えばいいことが,初めてわかった」とか「今度から,丁寧に頼んでみようと思った」といった感想を寄せました。学業の面では成績のいい子どもたちであっても,表現することを苦手としていることもわかりました。