メニュー

教科書について よくあるご質問

現場の先生方から編集部に寄せられたご質問のうち,特に多くお問い合わせいただいた内容についてご紹介いたします。随時更新していく予定です。

Q1
古典教材の表記などが,今までの教科書と変わったのはなぜですか。

平成24年度の教科書から,古典教材の出典が変更になりました。
平成18年度までの教科書では,「日本古典文学大系」(岩波書店1957~67年)を底本としていましたが,絶版になっているため,より正確で新しい研究成果を踏まえた「新編日本古典文学全集」(小学館1994~2002年)を底本としました。
これにより,2・3年生の教材で,本文の読み方など一部にこれまでの教科書と異なる部分があります。読み・表記の変更箇所など,詳細につきましては「学習指導書」をご参照ください。

Q2
2年「見えないだけ」の題名について,原題にある「少女*に」を割愛したのはなぜですか。

出典としている『ことばの冠』(花神社)の中では,「少女*に」という副題がつけられています。
中学2年生の子どもたちの実態を考えますと,関心が副題に向かい,この詩全体から受け取るイメージが狭まってしまうおそれがあります。また,「少女*」が誰か,という本質ではない研究がなされる可能性もあります。
この教材では,生徒が好きな表現を見つけ,声に出して読むことで詩を味わうことがねらいですので,著作権継承者と相談のうえ,副題は割愛させていただきました。

Q3
漢文の書き下し文の表記のしかたは,どのように決めているのですか。

まず,書き下し文の一般的なルールは以下のような内容です。

  • 送り仮名は平仮名で書く。
  • 日本語の助詞や助動詞に当たる漢字は平仮名で書く。
  • 読まない字(置き字)は表記しない。
  • 再読文字は,最初に読む部分を漢字で書き,二度目に読む部分は平仮名で書く。

高等学校の国語でも上記のことを学習します。

これに対して,小社の中学校の教科書教材では,上記の他に,副詞,形式名詞,補助動詞や,現代文で平仮名表記の漢字などは平仮名で表記しています。

(例)1年「今に生きる言葉」より

  • 或 → ある
  • 曰 → いはく

(例)3年「論語」より

  • 亦 → また
  • 以 → もつて
  • 之 → これ

これは中学生が読みやすいように,という学習上の配慮であり,あくまで小社教科書の表記基準ですので,助詞・助動詞以外の部分は漢字で書くよう指導されてももちろんかまいません。

光村コミュニティ(会員専用サイト)では,教材研究に役立つ資料を提供しています。ログインしてご覧ください。

Adobe Reader ダウンロード

PDFファイルをご覧になるには,プラグインとしてAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロード