メニュー

ポイント1 「美術1」からのステップアップ

美術への理解をさらに深める題材

「美術1」で学習したことを基礎として,より表現の幅を広げていけるよう,題材の構成を工夫しています。

新学習指導要領 美術1 P12-13 美術2 P8-9

目にした風景を描く活動から発展し,風景を自分の視点で再構成してあらわす題材を設けました。

新学習指導要領 美術1 P40-41 美術2 P34-35

平面だけでなく,グッズや他の媒体にも広がるグラフィックデザインの例を取り上げました。

新学習指導要領 美術1 P54-55 美術2 P44-45

日常の一場面をテーマとする制作から,ポートレート撮影へと題材をステップアップさせました。

表現の幅をより広げる巻末の資料

「美術1」で紹介した三つの技法と形・色の資料に加え,「美術2」では三つの技法を紹介しています。2冊を合わせると,高等学校で扱う主な六つの技法と,形・色の資料を網羅することができます。

美術1 鉛筆で描く
透明水彩絵の具で描く
アクリルグァッシュで描く
形の特徴を知ろう
色の特徴を知ろう
美術2 さまざまな画材で描く
油絵の具で描く
日本画の絵の具で描く

新学習指導要領 美術2 P56-57 P58-59 P60-61

実用的な機能性は「美術1」を踏襲

学習指導要領に沿った「絵画・彫刻」「デザイン」「映像メディア表現」の3分野と,巻末の資料とに整理した構成など,実用的な教科書としての機能性は「美術1」を踏襲しています。

分野別に整理し,見やすく色分けしたインデックスを採用しています。

新学習指導要領 美術2 P2-3

「美術2」でも,各題材で生徒に身につけてほしい力や学習のねらいを「目標」として引き続き明示しています。

新学習指導要領 美術2 P4