メニュー

新しい学習指導要領の方向性

昨年12月の中央教育審議会の答申を受け,平成29年3月31日付で新しい学習指導要領が告示されました。
今回の改訂では,「社会に開かれた教育課程」を目ざし,「主体的・対話的で深い学び」の視点から授業改善が求められています。また,各教科の特質を「見方・考え方」という観点で捉え,それに基づいて育成を目ざす「資質・能力」が再整理されました。

このコーナーでは,教科ごとの改訂のポイントや方向性について,小社教科書編集委員による解説を掲載しました。移行期におけるご指導の参考にしていただければ幸いです。

なお,新しい学習指導要領の完全実施までのスケジュールは下図のとおりです。

※「特別の教科 道徳」は,平成30年度(小学校),平成31年度(中学校)から全面実施されます。

画像,新学習指導要領実施スケジュール

「幼稚園,小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)」

「新学習指導要領(平成29年3月公示)」

小学校

中学校