メニュー

赤木かん子の読書Q&A

調べ学習
Q3

どうやって調べさせたらいいのでしょうか?

〈初級編〉—だれに,どうやって聞くか—

A

テーマが決まったら,次はそれをどうやったら調べられるかを考えます。たいていは,

(1)人に聞く

(2)本で調べる+インターネットで調べる

(3)やってみる

の三つで解決します。このうち,“やってみる”は,実験など,ゴチャゴチャ言ってるよりやってみればわかるよ,というものはやってみればいいのです。“インターネットで調べる”は,ある程度調べられるようになるまでは手を出さないほうがいいので,ここあたりでは保留…。

いちばん最初は,“人に聞く”で,これは3年生に適当でしょう。3年生は町を調べるっていうのがあるからね。ということは,町の人にインタビューすることになるわけで,そうして図書館で調べるっていっても,結局3年生は図書館の人に聞かざるをえないわけですから,人に何かを尋ねる練習は必要です。5,6年生になると恥ずかしさもあって,ますますしゃべれなくなりますから,3年生あたりで無邪気に練習しておくほうが無難でしょう。

そうして“人に聞く”は,

(1) だれに?

(2) どうやって?

の二つをクリアすればいいわけです。“だれに?”は,たとえば,パンダのことなら動物園,イルカなら水族館,恐竜についてなら科学博物館,そうして印刷物についてなら,図書館に聞くとか,お豆腐の作り方ならお豆腐屋さんに聞くとかね。もう一つの“どうやって?”は,たとえば,博物館に聞きに行ったとして,初めにバッタリ会った人に聞かない,というのがコツ。だって,その人は担当者ではないかもしれないからです。電話も同じで,最初に取った人が知っているとは限らない…。だから一言で用件を伝え,必ず案内を請います。
前へ 次へ
ページ先頭へ戻る