メニュー

赤木かん子の読書Q&A

調べ学習
Q10

どうやって調べさせたらいいのでしょうか?(その8)

〈初級編〉—まずは百科事典で—

A

与えられた課題を単語で切って,優先順位をつけたら,“料理”を百科事典で引き,丁寧に読みます。この時に,一番先に“料理”の棚に行かないこと! これがコツです。基本知識がないのに,専門書を読ませるなんて無謀です。まずは百科事典で,その単語の定義と全体の基礎知識を把握します。“そうか! 料理というのは食べられるものを食べられるように加工することなんだ”という定義が頭に入るのと入らないのとでは,その後の展開が変わってくるでしょう。考えるにも材料が必要なのです。

そこまでできたら,他の本や専門書にいってもいいのですが,練習段階では百科事典の解説文の中から二番目の言葉を拾います。調理器具,香辛料,塩,発酵,エトセトラ……で,前にお話しした“三点決め”でテーマを決め,決まったら専門書,つまり“料理”の棚にいっても大丈夫になります。たとえば“食材=タコ”と決めた人は,料理のレシピ集(料理の棚の本はたいていこれです)の中からタコを使った料理だけを探せばよいのです。その時に目次と索引がものをいいます。この二つが使えないと,本という道具は使えないのです。

前へ 次へ
ページ先頭へ戻る