メニュー

赤木かん子の読書Q&A

学校図書館(理論編)
Q10
 自然科学の本の整理のしかたを教えてください。(その2)
A
 さて,Q9では自然科学の41から45までを紹介しました。今月は46(よんろく)からですが,
   46は生物学一般
   47は植物
   48は動物
   49は医学
が入っています。このとき,45までと46からとでは,とても大きな違いがあるんです。おわかりですか? そうです。41から45までは命のないもの…… 無機ですが,46からは命があるもの……有機です。そう考えるとすぐ覚えられます。

 

 46の生物学一般には遺伝子や微生物が入ります。つまり無機から有機になっていくあいだがここで,次は,“生き物っていったら植物と動物よね”になり,動物の最後は人類ヒト科で,“ヒトに関する学問は医学よね”,になるんだなぁと覚えてください。でも,この最後の49は自然科学の中には入れないのが普通です。自然科学は人間の手が入っていないものをいいますが,医学は人間の手が入っているからです。だから記号として48と49を並べなくてもいいのです。今の日本では医療も発達しているので,むしろ医学には10個の分類のうち,一分類をあげてほしかったな,と思うくらいです。でも,そう決めちゃったものは仕方ない……ですから,自然科学と考えるときは41から48までだと思ってください。   

 

 この2桁目を第二次区分といいますが,まずは2桁目まででいいです。そうして分類は必要になったらやり始め,必要でなくなったらやめます。48の動物は,ただ“動物”だけでは,猫も鳥も昆虫もミミズも一緒のままで,わかりづらいし使いづらい,そもそも魅力的な棚には見えません。つまり人を魅きつける, “あら素敵!”という陳列棚にならないのです。ですから,さらにもう一回10個に分けます。第三次区分です。

 

前へ 次へ