メニュー

赤木かん子の読書Q&A

学校図書館(理論編)
Q23
 漫画を置くとしたら,何から入れたらいいのでしょうか?
A
 その学校の子どもたちがどんな状態か,と予算がいくらあるのかにもよりますが…というのは,漫画はエネルギーが高く,人を解放します。安定している小学校だったら,まずは『ドラえもん』(藤子・F・不二雄)45巻(白いシリーズです)と『ドラゴンボール』(鳥山明)42巻(これも白いシリーズを普通は入れます。)それと『名探偵コナン』(青山剛昌)67巻ですね。あとは野球漫画の定番『キャプテン』と『プレイボール』(ちばあきお)…ただし,これは今本が手に入るかどうか,微妙…。それと,今はやりの『のだめカンタービレ』(二ノ宮知子)…ただいま19巻まででています。
 ここまででだいたい,150冊くらいかな。

 基本的には,生徒さんの人数分,200人いたら200冊買いますが,800人いるからといって800冊は買えないでしょう。
 あとは定番手塚治虫の『ブラック・ジャック』…これは,小さい新書版サイズの方がおもしろいのですが,学校的にはハードカバーかなあ。あとは1冊っきりしかありませんが,楳図かずおの『へび少女』あたりでしょうか。この漫画の人気は衰えませんね。
 いくら漫画でも,今はやらないものは読まれませんので,ご注意を。場所によっては『有閑倶楽部』(一条ゆかり)も受けますが,基本的には子どもたちに何がほしいか,聞くのがいちばんですよ。

 運営編はかなりたくさんあるのでまた後日。

 無線綴じの漫画は,学校図書館に入れる前にきちんと装備したほうがいいので,実技編の「本の補修,修理について」を一応見ておいてください。
前へ 次へ