メニュー

赤木かん子の読書Q&A

学校図書館(理論編)
Q9
 自然科学の本の整理のしかたを教えてください。(その1)
A
 さて,いよいよ自然科学の棚です。そうしてここをきっちり作ってしまえば,小学校図書館はできたも同然! 自然科学が基本なのです。なのに図書館担当は文学好きが多く,科学は苦手な方が圧倒的……。でも一度しっかりやれば大丈夫。覚えるぞ!と思って読んでね。

 まず,NDCで自然科学は“4”です。これは4番目ではなく,言葉を数字に置き換えた暗号です。そうして,NDCはものごとを10個ずつに分けていくやり方で,まずは世界全体を10個に分けました。そのうちの一つが“自然科学”で,それを数字に置き換えたのが“4”です。そうして,自然科学だけでは範囲が広すぎますから,それをまた,10個に分けていくと,41,42,43,44,45,46,47,48,49となるわけです。

 この41は数学ですが,“よんじゅういち”ではなく,“よんいち”と読みます。41番目ではなく,
  4(よん) 自然科学
の中の,
  1(いち) 数学
という意味だからです。

 今月はこの前半,
  41 数学(小学校は算数)
  42 物理
  43 化学
  44 天文学
  45 地学
というところまで覚えてください。

 並びとしては順当だと思うでしょう? ただ,小・中学校はまだ物理と化学は分かれていませんから,まとめて(理科)とでもいうしかないわけで,もうここで,全部2桁で分類しましょうなんてのは無理だというのがわかるわけです。ちなみに物理は光やエネルギー,化学は分子構造なんかだよ。

 自然科学の言語は数字です。だから,まず数学がきて,世界すべてに漂っている物理と化学の次は上を見上げて宇宙,そうして下を見て地球,地学というわけです。

前へ 次へ