メニュー

カードからの見取りと支援

カードからの見取りと支援

子どもが活動をするとき,「ただ活動しているだけ」ということはありません。その子どもなりに何かを感じたり,思ったり,気付いたりしています。そんな子どもの活動や思いを適切に見取り,評価して,支援として子どもに返していくことが重要です。

子どもを見取る方法はさまざまありますが,今回は,その中のひとつの手段として生活科で活用されるカードにスポットを当て,カードからの見取りと支援について,小学校の先生方と一緒に考えてみました。

カードに関するQ&A 1.カードを使う上で大切なこと 2.カードを渡すタイミング 3.「たのしかった」の読み取りと返し方 4.自己評価カードについて 5.活動が連続する場合のカードの読み取り 6.書ける子どもと書けない子ども 7.広がり深まるための項目 8.絵から読み取る 9.カードから広がり深まった活動

光村コミュニティ(会員専用サイト)では,教材研究に役立つ資料を提供しています。ログインしてご覧ください。