メニュー

カードからの見取りと支援

8.絵から読み取る

人や物が描かれた絵を見るときの,読み取りのポイントはありますか?

絵を描くことには個人差がありますし,事前の教師の投げかけ方によっては,観察カード的に描くこともあり,表現の仕方も違ってきますが,一般的には,対象物が自分とともに描かれている方が,それとのかかわりが深いだろうと言われています。その対象物を客観視しているのではなく,自分と一体化して見ているということです。

子どもが人物を描くときは,それが誰だということをたいていの場合はイメージしているようです。ですから,「これはだれ?」と聞いてみます。また,人はたくさん描いているけれど,「自分」がその中にいないこともあるかもしれません。そんなときは,その子どもがどういうかかわりをしたかをつかむため,「このときあなたは,どうしていたの?」と投げかけます。