メニュー

書写では何を学ぶのですか?

学習指導要領を見てみると,書写に関する事項は,国語科の〔言語事項〕の中に位置づけられています。そこでは,一言でいえば,「文字を正しく整えて読みやすく(中学校ではそれに加えて速く)書くことができるようになる」こと,いわゆる「書写能力」を身につけることが求められています。

それでは,その書写能力を身につけるためにどのようなことを学ぶのか見ていきましょう。

図

図のように,文字を書くときに必要なこと(学習要素)を下から順に積み上げていくと,最終的に正しく整った字形の文字が完成します。途中が一つでも欠けてしまうと不安定になり,正しい字形にはなりません。
この他にも,文字の大きさや配列,筆記具の選択など,文や文章全体を整えて読みやすく書く方法を学びます。

光村図書の書写教科書では,これらの学習要素が学年の発達段階に応じて子どもたちに分かりやすく示されていて,正しく整った文字を書くための基礎・基本が無理なく身につくよう配慮されています。