メニュー

ベスト・エッセイ2011

在庫なし

ベスト・エッセイ2011【現在品切れ中】

日本文藝家協会編 
編纂委員/角田光代,林 真理子,藤沢 周,町田 康,三浦しをん

定価:本体2,000円+税 / 四六判 / ISBN978-4-89528-603-9

2010年に新聞や雑誌に発表された数多くのエッセイの中から,精選した78編を収録。日本文藝家協会編纂の年次刊行物『ベスト・エッセイ』の最新刊。2010年を振り返ることができる,多彩な執筆陣の珠玉のエッセイ集です。

収録作品&筆者

心の遠近も 微妙な差 穂村 弘
埠頭のモールス信号 向井万起男
岸本佐知子
渋谷の自由猫に救けられて 早坂 暁
灯の中に 武田 花
鬼はどこへ 中村文則
乾きものと生ものと 安達千夏
或る騎士の物語 司 修
ふたつの日本喪失 藤谷 治
ブラキストン線と大地の組成 梯 久美子
路上の写真屋 沢木耕太郎
古典に読む介護 大塚ひかり
優しいは怪しい 町田 康
旅芸人になる 島田雅彦
GWの2つの死 保坂和志
花子のいる風景 平岩弓枝
猫に恩返し? 佐野眞一
識字率と識詩率 五木寛之
トラウマ犬 加藤幸子
死を受け入れること 池内 了
すがすがしい空間 曽野綾子
年の取り方について 内田 樹
ジェイムズ・メイスンの胸毛 三木 卓
蚕の口 村田喜代子
路地の奥の家 リービ英雄
光速老人 三浦しをん
タバコと英和辞典 半藤一利
思考と語りに「一刀斎」の切れ味 池内 紀
若者たちへ 塩野七生
曇りなら集合です。 堀江敏幸
百日草の記憶 澤地久枝
骨と胸 中西 進
自分の半生と衝突 秋山 駿
ハメをはずす 湯本香樹実
庭の話 谷川俊太郎
没イチ 眉村 卓
私達はまた笑い合うことが出来る 吉行和子
ライ・レ・ローズのアトリエ 野見山暁治
のすたるじあ 藤沢 周
朝はあんパン 坪内稔典
初恋を手術した日 村田沙耶香
青葉繁れる季節に 伊集院 静
森澄雄さんを悼む 金子兜太
かまい 赤染晶子
闇と蛍火 時をつなぐ夜の川 辺見 庸
「発見」最初は気づかない 福岡伸一
暮らしの基いをなしているもの 高橋順子
苦しい人生 車谷長吉
自由と,不自由 玄侑宗久
りんごと柿 森 絵都
ある日の銀座 坂上 弘
銀座を迷う 林 真理子
伊能忠敬 地図の原理と頭上の脅威 池澤夏樹
坂道の怪 平田俊子
喋るばかりが能じゃない 立川談四楼
澄んだ瞳の悲しみ 小川洋子
都心夜景 黒井千次
父のたわごと 中島京子
遠い声にうながされて 佐々木幹郎
遺産と誤算 吉村萬壱
死ぬ気まんまん 伊藤比呂美
サンタクロースの謎 野崎 歓
老優 村松友視
見知らぬ街で 乃南アサ
闇がなければ 角田光代
正月二日の流星 古井由吉
やがて訪れる好ましい時代を期待して 河野多惠子
財布の奥の巨人軍 赤瀬川原平
甲子園のジイジ ねじめ正一
栄光,凋落,筆圧 津村記久子
新しい日本人と新しいアメリカ人 鶴見俊輔
温かな手 井坂洋子
人間が好きだった立松和平さん 重松 清
カーネーション 南 伸坊
笑い声に包まれた旅立ち 三谷幸喜
菜食主義者 多和田葉子
人生は複線で 鷲田清一
ひたすらに書き続けた一生 高井有一

ご購入のご案内

全国の書店または以下のオンライン書店からご購入いただけます。

※外部のウェブサイトが開きます。

※書店によっては取り扱いのない場合がございます。あらかじめご了承ください。