メニュー

ベスト・エッセイ2006

好評発売中

ベスト・エッセイ2006

日本文藝家協会編
編纂委員/高田 宏,林 真理子,増田みず子,三浦哲郎,三木 卓

定価:本体2,000円+税 / 四六判 / ISBN978-4-89528-399-1

いい人にはエッセイは書けない,というのがかねてからの私の持論である。もちろん,「自宅の庭の桜の木に,小鳥がくるようになった」というほのぼのとしたエッセイは,やさしい人柄のおばさんも書くことが出来る。けれども世の中にインパクトを与え,「そうだ,そうなんだ」という声をあげさせるには,意地の悪い心を持たなくてはならない。
(林 真理子「意地悪な人」より)

2006年エッセイ・アンソロジー決定版。表題作をはじめ,人生の機微に触れる珠玉のエッセイ78編を収録しました。子ども,老い,国際化,戦後60年など多様なテーマから“今”が見えてきます。

収録作品&筆者

アカボシゴマダラがいた! 三木 卓
飴玉 小島信夫
したがう耳 高橋順子
意地悪な人 林 真理子
「いのち」の記憶 沢木耕太郎
海坂藩の釣り 丸谷才一
「モバ」ハルちゃんNYを歩く 島田歌穂
「老いの形」見えぬ危うさ 黒井千次
おういクモよ 平田俊子
爆心地の虫たち 青来有一
思い出の町は銀座 宗 左近
藤沢 周
海外進出した日本語 張 競
記憶を編みなおす 鶴見俊輔
金田一家をめぐる誤解 金田一秀穂
ゲバラは眠れない 戸井十月
越す 古井由吉
コソヴォで観る黒澤明 四方田犬彦
言葉の新芽すんすん 俵 万智
昆虫少年の絶滅 奥本大三郎
さかのぼる詩の記憶 蜂飼 耳
桜のころ 伊藤桂一
「サツちゃん」の作者逝く 阿川弘之
死者を食う蟹 小池昌代
芝居翻訳者の楽しみ 小田島雄志
饒舌な国インド 石川 好
知らないでいる 小川洋子
詩を翻訳する少年 リービ英雄
十五日正午,緊迫のNHK放送室 近藤富枝
新年のナラワシ 和合亮一
墨の声 篠田桃紅
駿府の古本屋 村松 友視
漱石は名脚本家 鴨下信一
太陽と結婚する少女たち 司 修
『ちびくろ・さんぼ』が帰ってきた 井上富雄
強い老婆どこ行った 村田喜代子
石仏になる 南木佳士
天国からの年賀状 立原えりか
唐招提寺との歳月 永井路子
糖尿病が軍隊で治った 竹本住大夫
ドストエフスキーと「子供」 高田 宏
鳥たち 日高敏隆
鳥たちの食堂 岩橋邦枝
中上健次のカレーライス 上原善広
なかなか読めない『平家物語』 矢野誠一
夏休み一人ツアー 増田みず子
七十本の赤いバラ 林 京子
庭先の真理 井上ひさし
猫の怪談 出久根達郎
俳句になぜ季語を詠み込むか 小澤 實
俳句で甦るあの時の思い 稲畑汀子
おおらかな多産の作家 大河内昭爾
春の花 加賀乙彦
半世紀の縁 瀬戸内寂聴
美人 連城三紀彦
人次第 竹西寛子
百寺の旅 千所の旅 五木寛之
ふいうち 川上弘美
封筒の世界 荒川洋治
二人の受賞者 野見山暁治
メールの話 有吉玉青
浮揚へのあこがれ 新宮 晋
古い文献を新しく読む 坂上 弘
偏屈な子供 早坂 類
方言自由自在 長部日出雄
補陀落―海の果て 東野光生
骨の話 津島佑子
北海道から沖縄へ 宮内勝典
骨を洗う 梯 久美子
ほんのりと匂うもの 岡井 隆
町のうわさ 田辺聖子
燐寸抄 久世光彦
万太郎の隠れ家 高井有一
英国のテロとこの国 矢作俊彦
冥界の「ボレロ」 小島千加子
フジヤマのトビウオ,多摩川で泳ぐ 古橋広之進
珍しいキノコの収集 岸本佐知子
道づれ 吉村 昭

ご購入のご案内

全国の書店または以下のオンライン書店からご購入いただけます。

※外部のウェブサイトが開きます。

※書店によっては取り扱いのない場合がございます。あらかじめご了承ください。