メニュー

ベスト・エッセイ2000

好評発売中

ベスト・エッセイ2000

日本文藝家協会編

編纂委員/高田 宏,津島佑子,三浦哲郎,三木 卓,前川康男

定価:本体1,900円+税 / 四六判 / ISBN978-4-89528-097-6

逸話を楽しむ。文章を味わう。表題作「歌のいろいろ」の津島佑子をはじめ,安岡章太郎や北 杜夫,瀬戸内寂聴,五木寛之,夢枕 獏, 井上ひさし,沢木耕太郎,山田詠美,椎名 誠……, 各界の個性輝く書き手75人。単行本初収録を多数含む75編のバラエティ溢れる豪華アンソロジー。'99年を振り返ることができる,珠玉のエッセイ集です。

収録作品&筆者

夜中の納豆 古井由吉
眠りの王様 池内 紀
私が好きな『細雪』 水村美苗
『荒城の月』逸聞 長田 弘
鮎の生ずし 渡辺 保
町の音 日高敏隆
約束の風景 日野啓三
「諸君,もう寝ましょうか」 堀田百合子
最初の人 沢木耕太郎
あの声が今日も聞こえる―飲食男女 久世光彦
老女ウメー 又吉栄喜
山住みの時間―ホトトギスの空 前 登志夫
無常とカメラ 山崎正和
恐怖の「今こそ」 山田詠美
リリー・マルレーン 伊藤桂一
言い損ない―にほん語観察ノート 井上ひさし
惜しい,の一言 四方田犬彦
うなぎ茶漬 小林恭二
寒がり日記 村田喜代子
心臓物語西と東 山折哲雄
二月の風 佐藤洋二郎
たった一度 会った茂吉 岡野弘彦
視覚のウラシマ現象―中年よ荒野をめざせ 椎名 誠
歌のいろいろ 津島佑子
親父の小説 西木正明
桂枝雀の求道者人生 木津川 計
猫の墓,人の墓 瀬戸内寂聴
連詩の試み 大岡 信
触読 佐伯一麦
別役 実
ワタシをご存知? 小林聡美
医師の選択 長部日出雄
唯一無二のプロレスラー 夢枕 獏
文筆家の連休について 三木 卓
「たんと」と「tanto」 河野多惠子
日本語のこころ 金田一春彦
妻より強かった頃 北 杜夫
祭り寿司 宗 左近
展墓 杉本秀太郎
韻文の効用 木田 元
コオロギを探して 岸田今日子
思え! 辺見 庸
名前の由来 木村尚三郎
きびしい時代の新人へ 坂上 弘
魚拓で躍れ! たいやきくん 宮嶋康彦
君等の乳房 川上弘美
遠心力と求心力の格闘―「開高健展」に寄せて 黒井千次
ふたりっこ地蔵―
表情豊かに子供たち 榊 莫山
ふっと思い出す話 後藤明生
散歩と思い出 荒川洋治
耳の出血 安岡章太郎
フクロウ讃歌 高島俊男
森 毅
食パンの耳 岩阪恵子
ぼくのなかの冬 高田 宏
寄せてはかえすヌーベルバーグ 山田宏一
家族のやわらかい存在 清水邦夫
宮廷楽団への困惑 山下洋輔
カメラと巨人と犬 赤瀬川原平
叱責の声 小倉寛子
狂ひ咲き 高井有一
往時茫々 田辺聖子
富士山を見た 山田風太郎
なにを食べても… 早坂 暁
境界小説 加藤幸子
老年と喧嘩 なだいなだ
鎌倉のサロン 中野孝次
月下美人花開く 尾崎秀樹
「真」を追求した評論家―尾崎秀樹君を悼む 黒岩重吾
大工のカミさん 宇江佐真理
山村の暮し方 五木寛之
いまどきのショーセツカ 久間十義
読む 辻 章
避けて通れぬきたない話 阿川弘之
八〇歳の二〇〇〇年 梅棹忠夫

ご購入のご案内

全国の書店または以下のオンライン書店からご購入いただけます。

※外部のウェブサイトが開きます。

※書店によっては取り扱いのない場合がございます。あらかじめご了承ください。