メニュー

続・国語教材の読み方読ませ方

好評発売中

続・国語教材の読み方読ませ方

著者:井上敏夫

定価:本体1,500円+税 / B6判 / ISBN978-4-89528-050-1

国語学者・井上敏夫が国語教材の読み取り方を紹介。

目次

  • はじめに
  • 漢字指導のこれから
  • 反復することの楽しさ―「おおきなかぶ」(一年)
  • 着語を生かして―「おむすびころりん」(一年)
  • 想像のつばさをひろげて―「くじらぐも」(一年)
  • 昔の人の生活や考え方を知る―「かさこ地ぞう」(二年)
  • 筋の起伏を楽しむ―「スーホの白い馬」(二年)
  • 読後の満足感―「つり橋わたれ」(三年)
  • 読んで書き加える―「子牛の話」(三年)
  • ファンタジーを楽しむ―「白いぼうし」(四年)
  • テーマと読み手との落差―「とびこめ」(四年)
  • 理解における注解ということ―「ごんぎつね」(四年)
  • 脚本を読む―「木龍うるし」(五年)
  • 伝記をどう読むか―「アンリー=デュナン」(五年)
  • 斜述に即して読む―「石うすの歌」(六年)
  • 上向きの表現下向きの表現―「またとない天敵」(六年)
  • 伝記文の構成―「田中正造」(六年)
  • 父と子のコミュニケーション―「ジイドと水戸黄門」

著者プロフィール

井上 敏夫(いのうえ・としお)
明治44年12月,静岡県掛川市に生れる。東京文理科大学国語国文科卒。埼玉大学名誉教授。国語教育学,国文学専攻。主な著書に「井上敏夫国語教育著作集」全5巻(昭和57年,明治図書刊)などがある。

ご購入のご案内

全国の書店または以下のオンライン書店からご購入いただけます。

※外部のウェブサイトが開きます。

※書店によっては取り扱いのない場合がございます。あらかじめご了承ください。