メニュー

飛ぶ教室 第11号(2007年秋)

好評発売中

飛ぶ教室 第11号(2007年秋)

【特集】石井桃子と子どもの本の100年

定価:本体952円+税 / B5判 / ISBN978-4-89528-416-5

今号は,石井桃子さんの特集です。子ども時代に出会った本の思い出を,一緒に語ってみませんか。

特集 石井桃子と子どもの本100年

〈論〉

「石井桃子さんと現代日本の子どもの文学」 神宮輝夫

〈小論〉

「巨像の鼻の先に触れて」 末吉暁子
「石井桃子さんのプー物語」 安達まみ
「素晴らしい『直訳』」 小野 明

〈作家への手紙〉

「石井桃子先生への手紙」 今江祥智
「石井桃子さま」 古屋美登里

〈アンケート〉

「わたしの好きな石井桃子さんの本」
安藤由希/柏葉幸子/岩瀬成子/岡田 淳/井坂洋子/
恩田 陸/木坂 涼/加藤純子/島 式子/長崎夏海

〈作品カタログ〉

「石井桃子のものがたり」

「きちょうめんななまけもの」 ねじめ正一
「きみはぺるーんがすきか」 田口犬男

対談

童話を考える (2) 「あのころの自分に向けて」 蜂飼 耳×二宮由紀子

追悼・河合隼雄

「河合隼雄をいたむ」 鶴見俊輔
「河合先生のこと」 田辺聖子

連載

日本あちこち飛ぶ教室(1)
「わたし(ぼく)と違うわたし(ぼく)になれるとしたら?」 あさのあつこ

「ぼくと変人冒険団(3)」 柴田よしき
「アムール動物紀行(3)」 あべ弘士
スクリーンのなかの子供(9) 「裁定者としての子供―『馬鹿宣言』」 四方田犬彦
「人と時代と,時代と人と。(最終回)」 高橋敦男
児童文学1990~2005(11) 「変容する子どもの文学」 野上 暁
「桜桃のみのるころ(9)」 今江祥智
マンガ 「さんぱつやきょうこさん(11)」 長谷川義史

児童文学ニュース

〈絵本編〉松田素子/〈日本編〉ひこ・田中/〈英米編〉遠藤育枝/〈欧州編〉小森香折

表紙

あべ弘士

「飛ぶ教室」Twitter公式アカウント

「飛ぶ教室」Twitter公式アカウント

ぜひフォローしてみてください。

ご購入のご案内

全国の書店または以下のオンライン書店からご購入いただけます。

※外部のウェブサイトが開きます。

※書店によっては取り扱いのない場合がございます。あらかじめご了承ください。