メニュー

子供は悪いのが好き

好評発売中

子供は悪いのが好き

スクリーンのなかの幼年時代

著者:四方田犬彦

定価:本体2,200円+税 / A5判 / ISBN978-4-89528-471-4

内容紹介

「子供とは無垢にして純真であるというロマンティックな観念を,それこそ子供のときから大嫌いだったわたしが,まさか子供について書くことになるとは,夢にも思ってみなかった。」 本文「はじめに」より

恐るべき子供たち,ブリキの太鼓,キッド,野生の少年,都会のアリス,転校生,アキレスと亀……古今東西,有名無名の映画に登場する「悪くて,イジワルな」子供たちを語り尽くす,著者異色のエッセイ集。

著者プロフィール

四方田犬彦(よもた・いぬひこ)
1953年生まれ。東京大学で宗教学を,同大学院で比較文学を学ぶ。映画,文学,音楽,アジア論,料理,漫画と幅広い文化現象を取り上げ,批評と研究を続ける。現在は明治学院大学芸術学科教授として映画史を講じている。主な著書に『ハイスクール1968』『先生とわたし』『「かわいい」論』『映画史への招待』『見ることの塩』がある。サントリー学芸賞,伊藤整文学賞,桑原武夫学芸賞,児童文学学会特別賞などを受けた。

ご購入のご案内

全国の書店または以下のオンライン書店からご購入いただけます。

※外部のウェブサイトが開きます。

※書店によっては取り扱いのない場合がございます。あらかじめご了承ください。