「特別の教科 道徳」基本のき

小学校では平成30年4月から,中学校では平成31年4月から,「特別の教科 道徳」がスタートします。道徳に関する素朴な疑問に,「中学校学習指導要領解説 特別の教科 道徳編(平成27年7月)」 作成協力者の富岡栄先生(日本大学講師)がお答えします。

富岡

第1回なぜ,「特別の教科」なのか?


道徳のどんなところが特別なの?

教員——富岡先生,こんにちは。もうすぐ,「特別の教科 道徳」がスタートするんですよね。私は教員3年目なんですが,実は,わからないことだらけで戸惑っているんです。

富岡富岡どんなことに戸惑っているんでしょうか。今日は道徳教育について一緒に考えていきたいと思っていますので,なんでも質問してください。

教員——ありがとうございます。まず,「特別の教科 道徳」という名称についてなんですが,「特別」って,他の教科とは何が違うんでしょうか。

富岡富岡道徳は,道徳の授業だけで完結しない教科です。学校の教育活動全体を通じて行うことになっていて,基本的には,小学校でも中学校でも担任が授業を行うことになっています。

教員——教科化される前の「道徳の時間」でも,道徳教育は教育活動全体を通じて行うことになっていて,担任の先生が授業を行っていましたよね。

富岡富岡そのとおりです。ですから,教育活動全体における道徳の位置づけは,そのまま引き継がれたと考えてください。道徳科は,その中で要となる時間です。そして今回,教科化されたことで,評価を指導要録に記述で示すことが義務づけられました。評価は,これまでもされてはきましたが,通知表などに示すようになったということです。ただし,数値での評価は行わず,記述のみで評価します。

教員——そこは他の教科と異なるところですね。

富岡富岡そうです。だから,「特別の教科」という新たな位置づけが設けられたんです。

教員——ところで,数値で行わない道徳の評価って,テストをするわけではないし,道徳の時間でのことを評価するということでしょうか。

富岡富岡国語や算数と違い,1時間ごとの授業の評価というのは難しいですね。もちろん,学習の様子を評価するという点では,1時間ごとの様子もしっかり見るべきですが,子どもの道徳的な成長を見取るためには,もう少し大くくりにして評価することも必要です。

教員——もう少し長い期間で評価するんですね。

富岡富岡そうです。それから,道徳の授業だけではなく,運動会や宿泊体験,学級活動なども含めて評価するということです。道徳的な成長というのは,道徳の授業だけで培うものではないのですから。特に学校行事は,その中に道徳的な学びが絶対にあるはずです。

教員——そうですよね。でも,いろいろなものを見て評価しなければいけないとなると,行事ごとに感想文を書かせて,その都度評価して,そして記録しておかないと……。教育活動全体で評価するって,たいへんですね。

富岡富岡その方法だと,確かにたいへんかもしれませんね。学校行事などで子どもが感じたことは,一つのものにまとめておくとよいと思います。私は以前から,道徳ノートを作ることを推奨しているんです。

教員——道徳ノート? 富岡先生がお考えの道徳ノートって,具体的にどのようなものですか。

富岡富岡道徳ノートの基本は,道徳の授業の中で学んだことをその都度書くことです。教師が用意したワークシートを貼り付けていってもかまいません。授業の中で,自分は何を感じたのか,何が心に残ったのかを書いていくんです。それに加えて,運動会などの学校行事の感想もこの道徳ノートに書いていく。

教員——ああ,なるほど! 1冊にまとまっていれば,教育活動全体での成長の様子がわかりやすくなりますね。

富岡富岡教師がわかることももちろん大切ですが,子ども自身が振り返ることができるというのが,何よりも大切だと思います。


なぜ,教科化されたの?

教員——今までのお話で,道徳が「特別の教科」だという理由はよくわかりました。でも,なぜ道徳は教科化されたんでしょうか。道徳教育の考え方や位置づけは,これまでと変わらないんですよね。

富岡富岡教科化された理由はいくつかありますが,その中の一つは,いじめの問題です。道徳教育は,いじめ解消に資するものであるといわれています。もちろん,道徳教育だけで解消できる問題ではありません。道徳教育を要として,教育活動全体で推進していく。そのためには,これまで以上に,道徳教育に力を入れていかなければならないのです。これまでは,教科ではないことから,授業のねらいが曖昧になったり,他教科に比べて軽視されがちだったりしたことも少なくありません。

教員——教科化されて,授業の内容は変わるんですか。

富岡富岡学ぶ内容は変わらないといっていいでしょう。大きく変わるのは,授業の形態や指導に関することです。これまでは,読み物教材や映像資料を見て,登場人物の心情理解をしていくという授業が多かったと思いますが,これだけでは道徳的な学びが十分とはいえません。先ほど述べた,いじめ問題の解消につながるような学びにはならないでしょう。道徳科の時間で何よりも大切なのは,教材から読み取った内容や道徳的な価値を,自分のこととして受け入れることです。自我関与までいかないと,道徳の授業とはいえないのです。

教員——では,最近よくいわれるアクティブ・ラーニングという視点で考えたとき,道徳はどんなふうに変わるんでしょうか。

富岡富岡アクティブ・ラーニング,つまり主体的に学ぶという視点で考えると,道徳は個人内評価が大切になると思います。自分自身で振り返るということですね。

教員——ああ! さっきの道徳ノートのようなものが重要になりますね。

富岡富岡そうです。学期の終わりに,自分の書いたものを読み返して,こういうところが成長したなとか,自覚させるんです。あるいは,友達の行動を思い出させて,どんなところが成長したか,他者評価を書かせる。誰でも経験があると思いますが,直接褒められるよりも,「〇〇さんがあなたのことをこう言っていたよ」と間接的に褒められたほうがうれしいんですよね。

教員——よくわかります。それはうれしいですね。

富岡富岡やはり,褒めて伸ばすというのが基本です。

教員——私も,子どもたち全員を褒めて伸ばしたいといつも思っているんですが,課題を抱えている子どももいて……。どのように声をかけたらよいのでしょうか。つまり,「〇〇を直しなさい」と,注意してばかりでいいのかどうか。

富岡クロスの一部を引き上げる模様富岡では,これを見てください(机上のテーブルクロスの一部をつまむ)。こうやって,クロスの一部を引き上げると,自然に全体が引き上げられるでしょう。つまり,良いところを引っ張り伸ばしてあげると,他の部分も自然に引き上げられるものです。逆に,「あなたはこういうところがダメだ」と言って下に引っ張ると,全体も下に落ちていくでしょう。

教員——なるほど! わかりやすいたとえですね。

富岡富岡道徳性というのは,その人の「部分」ではなく「全体」で見ることですから,こうやって捉えるといいと思います。

教員——今日のお話で,「特別の教科 道徳」の位置づけや考え方がわかりました。富岡先生,ありがとうございました。

富岡富岡では,次回は,道徳の授業をどのように進めたらよいのか,具体的にお話ししましょう。

photo: Shunsuke Suzuki

富岡

富岡 栄
(とみおか・さかえ)

公立中学校教諭,管理職として,35年にわたり道徳教育の研究を続けてきた。平成27年3月,群馬県高崎市立第一中学校校長を定年退職。退職後は大学にて道徳教育に関する講座を担当。日本道徳教育学会,日本道徳教育方法学会の評議員を務める。