生命の尊さについて

全学年に,「生命の尊さ」に関する教材を三つずつ掲載

発達段階に応じて,「命」についての学びを深める

「生命を大切に思う心」の育成に重点を置き,全学年に三つずつ,「生命の尊さ」をテーマにした教材を掲載しました。

3年

「ヌチヌグスージ―命の祭り」

沖縄の墓参りの祭りについて描いた物語を通して,命の連続性について考える。

3年p16

「大切なものは何ですか」

「いちばん大切なものは何か」という問いを巡る寓話的な作品を通して,命の大切さについて考えを深める。

3年p52

「生きているなかま」

人間だけではなく,動植物も生きている仲間であることに気づかせ,命の大切さやつながりについて考える。

3年p84

各学年の3教材のうちの一つは,生命誌研究者・中村桂子さんによる書きおろし教材です。発達段階に応じた教材を収録しています。

2年

「生まれるということ」

まど・みちおさんの詩「ぞうさん」を読み解いた文章を通して,命のつながりについて考える。

2年p96-97

6年

「命のつながり」

過去から現在へと綿々とつながってきた命の存在を知ることを通して,命は自分一人だけのものではないことを考える。

6年p134-135