考え,議論する道徳へ:「考えたくなる」教科書

多面的・多角的に考えられる教材群

心を捉え,自分と向き合うことを促す,読み物教材

子どもたちが登場人物に自分自身を投影(自我関与)できるような,魅力的な読み物教材を配しました。等身大の子どもを扱った親しみやすいものから,現在活躍中の人物や先人を扱ったものまで,多様な教材をそろえています。

「ぴかぴかがかり」

等身大の主人公が,「ぴかぴかがかり」の仕事に取り組む話。

2年p132-133

「『正直』五十円分」

等身大の主人公が,多くもらったおつりを巡って悩む話。

4年p14-15

「夢を実現するためには」

野球選手の大谷翔平さんが,夢を実現するためにどんなことを行ってきたのかを紹介。

5年p6-7

「マザー=テレサ」

貧しい人々に対し,慈愛の手を差し伸べ続けたマザー=テレサの生き方を描いた教材。

6年p130-131

子どもの感性に訴える,漫画や絵本仕立ての教材

道徳的な価値について,子どもたちが親しみをもちながら深められるよう,漫画や絵本仕立ての教材を用意しました。視覚的にも内容的にも引き込まれ,考えずにいられない教材を掲載しています。

「とりかえっこ」

小学生になった誇らしい気持ちに,改めて気づかせてくれる話。

1年p38-39

「友だち屋」

絵本『ともだちや』から,本書のためだけに描きおろしていただいた挿絵を掲載。

3年p30-31