メニュー

デジタル教科書が
ひらく学び

中川 一史

放送大学教授

活用が広がるデジタル教科書。その魅力や,これからの授業のあり方について,インタビューしました。

中川一史(なかがわ・ひとし)

北海道生まれ。横浜市内の公立小学校教諭,横浜市教育委員会,金沢大学助教授,メディア開発センター教授を経て,2009年より現職。主な研究テーマは,国語科における映像メディアの理解と表現,デジタル教科書の活用など。著書に,『タブレット端末で実現する協働的な学び』(共著/フォーラム・A)など多数。光村図書 小学校『国語』教科書編集委員。

第3回 学習者用デジタル教科書とは

個の学びに対応できる

――現在,一人1台のタブレット端末を使った「学習者用デジタル教科書」の開発が進められています。

中川 ええ。学習者用デジタル教科書に期待を寄せている先生方も多いでしょう。それは,「個の学びに対応できる」という可能性を感じていらっしゃるからだと思います。子どもたち一人一人が自分の考えを示しながら,クラスの友達と対話したり協議したりするときに,学習者用デジタル教科書が活用できるのではないか,ということです。

画像,インタビュー風景

中川 国語の授業を考えると,これまでは,紙の教科書に線を引くという学習活動を,学習の終わりの確認作業として位置づけていたと思うんです。それに対して,学習者用デジタル教科書を使った授業では,学習の過程で画面にどんどん線を引き,自分と友達が引いたところの違いについて検討したり,それを受けて消したり線を引き直したりすることが可能となります。子どもたちが個別に,自分の考えに応じてどんどん書き込んでいくことができる。それが,学習者用デジタル教科書のいちばんの魅力だと,私も感じているところですし,先生方も感じていらっしゃるのではないでしょうか。それはまた,紙の教科書や指導者用デジタル教科書との決定的な違いともいえます。

キーワードは「個別」と「協働」

――学習者用デジタル教科書は,今後,どのように活用されていくと考えられますか。

中川 キーワードは二つ。「個別」と「協働」だと考えています。「個別」については,先ほどお話ししたように,個別作業ができるということ。紙の教科書とノートと資料集,どれとも違うけれど,どの役割も果たすことができる。三者の間に位置するもの,といえばいいでしょうか。これは,個別に使えるからこそ成り立つものだと思います。

さらに,この個別作業は,友達と協働して学習を進めるときに役立ちます。それが「協働」ということです。学習者用デジタル教科書を使えば,個別に書き込んだ情報が簡単に共有できます。隣どうしやグループ内で考えを交流したり,先生が誰か一人のデジタル教科書の画面を選んで電子黒板で提示したりすることもできるでしょう。情報共有が簡単にできるというのがデジタルの特性です。個別作業にあたっても,その後に共有することを意識しながら使う,つまり「半共有」という感覚が,子どもたちにも先生方にもあるのではと思います。そのような感覚をうまく利用して,個別と協働を組み合わせた授業スタイルが広がっていくことを期待しています。

画像,授業のイメージ

学習者用デジタル教科書を使った授業のイメージ

――自分の考えをアウトプットするための道具としても有効に使えそうですね。

中川 アウトプットにも使えますし,アウトプットしたものや他者の考えをもう一度インプットするときにも使えます。そこも,指導者用デジタル教科書との大きな違いですね。

指導者用デジタル教科書と学習者用デジタル教科書に同一コンテンツが収録されていることは望ましいし,そういった要望を多く耳にします。ただ,「使い方が違うんだ」ということを踏まえずに,指導者用の延長で学習者用を使ってしまうと,そのよさを生かせないばかりでなく,不要であるという結果になってしまいかねません。そこは注意したいところですね。

――学習者用デジタル教科書を取り入れることで,授業のあり方も変わってきそうです。

中川 変わらざるをえないでしょうし,変わってきてほしいなとも思います。しかし,課題があるのも確かです。学習者用デジタル教科書はパーソナルな道具ですから,個々の子どもたちの書き込みを先生の側がどう把握し,関連づけ,束ねていくのか,その力がますます問われるようになるでしょう。

それから,紙のノートを「静的」な道具とすると,デジタル教科書は「動的」な道具といえます。拡大したり,書き込んだり,消したり,保存したり,友達や先生の端末に情報を転送したりすることができますからね。どんな場面でどんな機能を選んで使うかによって,その有用性は違ってきます。動的であることが生きるよう,思考や表現を促すといった場面で活用できるように,授業や手立てを意識的に組み立てていく必要があるだろうと思います。

小学校デジタル教科書の詳細はこちらから。

小学校デジタル教科書

中学校デジタル教科書・デジタル教材の詳細はこちらから。

中学校デジタル教科書・デジタル教材