メニュー

小学校英語
お悩み相談室

小泉 仁

東京家政大学教授

2020年度から本格化される,小学校での英語教育。 先生方のお悩みに,小泉先生がお答えします。

小泉 仁(こいずみ・まさし)

東京家政大学教授。元・文部科学省初等中等教育局教科書調査官。日本児童英語教育学会(JASTEC)会長。一般財団法人語学教育研究所理事。『COLUMBUS 21 ENGLISH COURSE』の編集委員を務める。

第1回 自分の英語力をつけるには?

2017.05.15

悩みを相談する先生と,小泉先生のイラスト

教員が教室で子どもたちに対して使う英語は,街の英会話学校に行ったら学べるようなものではありません。そこが,先生方も悩みどころなのではないでしょうか。

まず,お試しいただけたらと思うのは,ALTが子どもたちに出すすべての質問に,子どもと一緒に,小声で反応してみることです。これが第一歩かな,と思います。

そして次に,今度は自分も指導者目線になって,ALTが出した指示をオウムのようにもう一度繰り返してみる。教室の後ろのほうに立ち,集中力を欠く子どもに,「ほら,前向いて」などと言うよりも,英語でALTの指示をまねして言ってみたほうが,子どもにとってもご自分にとっても効果的だと思います。

教室の,生の場面で使われるネイティブの英語を,ご自分の英語力アップのモデルとして利用しない手はありません。

もちろん,市販のクラスルーム・イングリッシュに関する書籍などを活用するのも手だと思います。ただし,最初から順番にひたすら覚えていく,というようなやり方はなさらないほうがいいと思います。無理に全部覚える必要はまったくありません。パラパラっと本を見てみて,「これは使えそうだな」と思ったものを2~3個ピックアップして,それを毎回必ず言うようにする。例えば“Time is up.(時間切れですよ)”と“Put them away.(片づけて)”だけは必ず言うようにする,など,ターゲットを絞り込んで使っていくのがいいのではないかと思います。

本当にどうしようもなく英語が苦手,という先生は,“Look.”と“Listen.”だけでも構いません。むしろ短い指示のほうが,子どもにも届きやすいと考えましょう。子どもたちに届くのは,長くても5語くらいの英文です。

とにかく,変に気負うことなく,ご自分のできる範囲のことから始めて,まずは先生が英語を楽しめるようになれるといいですね。

次回は,「掲示物をつくるときの注意点は?」という質問にお答えします。

Illustration: 小林マキ

本連載は,広報誌「英語教育相談室」にも掲載されています。本誌の内容はこちらから。

「英語教育相談室」バックナンバー

小学校英語の指導に関するお悩みを大募集!

小泉仁先生にご相談したい内容を,下記までお寄せください。
光村図書出版 広報課 「小学校英語 お悩み相談室」係
〒141-8675 東京都品川区上大崎2-19-9
Fax:03-3493-5483
E-mail:koho@mitsumura-tosho.co.jp