メニュー

英語をめぐる冒険

金原 瑞人

翻訳家・法政大学教授

翻訳家として,大学教授として,日々英語との関わりの中で感じるおもしろさ,難しさを綴ります。

金原瑞人(かねはら・みずひと)

1954年岡山県生まれ。翻訳家,法政大学社会学部教授。法政大学文学部英文学科卒業後,同大学院修了。訳書は児童書,一般書,ノンフィクションなど400点以上。日本にヤングアダルト(Y.A.)というジャンルを紹介。訳書に,ペック著『豚の死なない日』(白水社),ヴォネガット著『国のない男』(NHK出版)など多数。エッセイに,『サリンジャーに,マティーニを教わった』(潮出版社)など。光村図書中学校英語教科書「COLUMBUS 21 ENGLISH COURSE」の編集委員を務める。

第4回 言葉が違えば発音も違う!

2015.06.19

ずいぶん昔のことだが,BBCのラジオ放送をきいていたら,「フランスの名優,チャールズ・ボイヤー氏が亡くなりました」というニュースが流れた。学部の3年生か4年生のことだと思う。一瞬,ぽかんとして,「え,だれそれ?」と思ったのをよく覚えている。フランスの俳優で,チャールズ・ボイヤーっていたっけ?

ニュースをきいているうちにようやく,わかった。「シャルル・ボワイエ」じゃん!

若い人にはなじみがないかもしれないが,往年の名優で,とくに団塊の世代から上の人たちには人気があった。ぼくの母親も知っていた。『凱旋門』『おしゃれ泥棒』『パリは燃えているか』といった名画に出演している。

挿絵,猫と犬

なんでこんな例を引いてきたかというと,英語とフランス語では同じ人名(に限らず,同じ単語)でも発音が異なるということをいいたかったからだ。細かいことをいうときりがないけど,わかりやすい例を挙げると,フランス語では「h」を発音しない。というか「h」の発音がない。

「春の花」は「あるのあな」,「白衣の天使」は「あくいのてんし」になる。

そういえば,大学3年生の春休み,イギリスに1ヶ月の語学留学にいったことがある。そのときの会話の先生は各国の学生の弱点に妙に詳しくて,rとlの発音問題が出てくると,ぼくなんかがまっ先に指される。hの発音になると,フランス人の女の子がご指名にあずかる。これが,じつに楽しい。なにしろ,haveが発音できないのだ。「アヴ」になってしまう。先生はうれしそうに,No, “Have!”,と指摘するけど,その子は必死に,喉の奥からgに近いrのような音を発して,また,みんなの苦笑を買う。フランスでは,ハンバーガー(hamburger)は「アンブルグール」と発音するらしい。

こないだ,パリに遊びにいって孫に会った。絵が好きだというので『富嶽三十六景』の数枚を見せたら,学校で連れていかれた美術館でみたことがあったらしく,目を輝かせて「オクサイ!」といっていた。フランスでも北斎は有名なのだ。ただし,「オクサイ」として。

hに限らず,英語とフランス語の発音はずいぶんちがう。

フランク王国の王様,シャルルマーニュも英語圏では「シャールメイン」と呼ばれる。作曲家のヨハン・シューベルトは「ジョハン・シューバート」。

ここで翻訳の話をすると,固有名詞は原則として,すべて現地語読みにならうことになっている。たとえば,ドイツ語の場合,『トッカータとフーガ』の作曲者,英語圏では「ジョーハン・セバスチャン・バーク」と呼ばれているが,日本ではドイツ語読みを採用して「ヨハン・セバスチャン・バッハ」と表記する。『ファウスト』で有名なドイツ人作家は,英語では「ガータ」だが,日本語では「ゲーテ」。

じゃあ,別になんの問題もないじゃないかといわれそうだが。大いにある。

次回はその話をしよう。

Illustration: Sander Studio