メニュー

英語をめぐる冒険

金原 瑞人

翻訳家・法政大学教授

翻訳家として,大学教授として,日々英語との関わりの中で感じるおもしろさ,難しさを綴ります。

金原瑞人(かねはら・みずひと)

1954年岡山県生まれ。翻訳家,法政大学社会学部教授。法政大学文学部英文学科卒業後,同大学院修了。訳書は児童書,一般書,ノンフィクションなど400点以上。日本にヤングアダルト(Y.A.)というジャンルを紹介。訳書に,ペック著『豚の死なない日』(白水社),ヴォネガット著『国のない男』(NHK出版)など多数。エッセイに,『サリンジャーに,マティーニを教わった』(潮出版社)など。光村図書中学校英語教科書「COLUMBUS 21 ENGLISH COURSE」の編集委員を務める。

第5回 原則というくせ者

2015.07.17

翻訳の場合,固有名詞は原則として,現地語読みにならう……と前回書いた。ただ,この「原則として」というのがくせ者だ。というのも,例外があるからだ。

挿絵,猫と翻訳家

よくあるのが,間違った発音が定着してしまった例。これは,ちょっと直しようがない。

たとえば,フランクリン・ルーズベルト(正 フランクリン・ローズベルト),ビバリーヒル(正 ベバリーヒル),グラハム・ベル(正 グレアム・ベル),ロザムンド・パイク(正 ロザマンド・パイク)など,数えあげればきりがないから,このへんにしておこう。心ない翻訳者の間違いはあとあと尾を引いてしまうのだ……とか,偉そうなことを書いているけれど,こないだ16年前に訳した『スウィート・メモリーズ』という本を読み直してみたら,15ページに「グラハム先生」とある!

だめじゃん!

「過ちて改めざる,是を過ちという」。今度,増刷になるときには直さなくちゃ。

ここでちょっと話題を変えて,英語の発音一般の話をしてみたい。

大学で英語を教えていて,grew,blew,drewを「グリュー,ブリュー,ドリュー」と発音する学生が多い。ewの発音は何種類かあって,dew,fewなどは【juː】だが,ow,awで終わる動詞の過去形がewになる場合は【uː】になる。「グルー,ブルー,ドルー」が正しい。ちなみに,blewとblueは同じ発音だ。

英語というのは,発音がめんどくさい。ドイツ語,フランス語,イタリア語,スペイン語などを習った人は,いかに英語の発音がややこしいか,例外が多いかを痛感すると思う。

さっきのewにしても,sewは【sou】と発音する。

以前に紹介した『人類最高の発明 アルファベット』から引用してみよう。たとえば「tough bough cough dough」。同じoughの発音がすべて違う。

さらに,

nation shoe sugar mansion mission suspicion ocean conscious chaperon schist fuchsia

ようくみてほしい,【ʃ】の発音を表すのに11種類の綴り方があるのだ。

ええかげんにせい! といいたくなるではないか。

まったく,イギリス人は頭がいいのか悪いのか!

フランス人にいわせると,イギリス人は頭が悪いから,発音がごちゃごちゃで,さらに頭が悪いから,格変化が異様に少ない(覚えられないから)らしい。

フランス人にいわせると,さらに,イギリスには,ろくなアーティストがいない,ろくな建築家がいない,ろくな作曲家がいない,イギリス人はファッションセンスが悪い,料理が下手……などなど,次々に悪口が飛び出す。

それはともかく,中学校の先生にお願いしたいのは,基本的な単語の発音はきちんと教えてほしいということだ。

中学校でgrewを「グリュー」と覚えてしまったら,一生,それは直らない。なぜなら,基本単語はいったん覚えてしまったら,辞書で調べ直したり,確かめたりすることがほとんどないからだ。あとあと,growを辞書で引くことはあるとしても,そのとき過去形の発音までは調べない。

基礎教育の大切さは,こういうところにもあると思う。

Illustration: Sander Studio