メニュー

「語りかける」英語教育

達川 奎三

広島大学教授

明日の授業のスパイスとして,英語を学ぶ楽しさを「語る」「語りかける」視点から解き明かします。

達川奎三(たつかわ・けいそう)

1958年広島県生まれ。広島大学外国語教育研究センター教授。兵庫教育大学大学院修了(学校教育学修士)の後,広島大学大学院教育学研究科修了(教育学博士)。中・高等学校の英語教員研修などに数多く携わっている。著書に『COMMUNICATION STRATEGIES FOR INDEPENDENT ENGLISH USERS』(英宝社/編著),『Global Issues Towards Peace』(南雲堂/編著)など。光村図書『COLUMBUS 21 ENGLISH COURSE』編集委員。

第2回 「意味のつながり」を心がける

2017.04.21

生徒は英語を一生懸命に勉強し,自分の考えや思いを英語で自由に表現したいと望んでいます。また,語彙・文法・語法に習熟してくると,一文だけの表出では満足できなくなります。ただ,その際に留意したいのが,「意味のつながり(一貫性)」という観点です。

ところで「意味のつながり(一貫性)」とはどのようなものでしょうか。
 「一貫性」について『ロングマン応用言語学用語辞典』の「coherence(一貫性)」には,

談話(DISCOURSE)の発話(UTTERANCE)の意味,またはテクストの文の意味を結びつける関係。このような結びつきは,話者どうしが共有する知識に基づく…

と説明があります。「話者どうしが共有する知識」とはshared informationと言い換えることができます。話者と聞き手が情報を共有(share)できれば「意味のつながり(一貫性)」を感じ合うことができるのです。

では,中学校英語において,「意味のつながり(一貫性)」がどのような場面で見られるか,実例をもとに考えてみましょう。

中学校では,多くの場合1年生の終わりごろに助動詞canが登場します。これで「自分や周りの人などができる(できない)こと」を多く表現できるようになります。以前,ある中学校で,

can,cannotを使って4文以上の英文を書きましょう。

という目標(めあて)を掲げ,canを使って英作文をする授業を見学しました。その授業で,生徒から次のような発表がありました。

【発表A】

I can play the violin.
My father can cook on Sundays.
My mother cannot ride a bicycle.
My sister can drive a car.

私はバイオリンを演奏することができます。
私の父は毎週日曜日に料理することができます。
私の母は自転車に乗ることができません。
私の姉は車を運転することができます。

【発表B】

My mother can drive a car.
I cannot drive a car yet.
I can sing songs well.
We can sing together in the car.

私の母は車を運転することができます。
私はまだ車を運転することができません。
私は歌を上手に歌うことができます。
私たちは車の中で一緒に歌うことができます。

AとBのどちらも「can,cannotを使って4文以上の英文を書く」という目標はクリアしています。では,どちらに「意味のつながり(一貫性)」を感じることができるでしょうか。

Aは,家族のそれぞれが「できること,できないこと」を列挙しているという点では内容に統一感はありますが,文の間の意味のつながりが希薄です。それに対し,Bの発表文は,車の運転や車中での行動について,内容につながりと流れがあり,車中での母子の楽しそうな雰囲気が受け手に伝わってきます。Bのように,話者と受け手の脳裏に共通の「場面」を浮かべる(情景をshareする)ことができれば,そこに共有された「意味のつながり(一貫性)」が生まれます。

Aの場合は,話題をもう少し絞り,前後のつながりを考えながら文を並べるように促すことで,「意味のつながり(一貫性)」を作り出すことができるでしょう。

この授業の講評で,「この生徒(B)さんには,とても優れた『言語センス』を感じます」と述べると,授業担当の先生はとても喜んでおられました。ただ単に英文の発話量や正確性を追求するのではなく,まとまりのある情報を発信させることを心がけ,生徒の「言語センス」を育てていきたいものです。

Illustration: 福々 ちえ