メニュー

「語りかける」英語教育

達川 奎三

広島大学教授

明日の授業のスパイスとして,英語を学ぶ楽しさを「語る」「語りかける」視点から解き明かします。

達川奎三(たつかわ・けいそう)

1958年広島県生まれ。広島大学外国語教育研究センター教授。兵庫教育大学大学院修了(学校教育学修士)の後,広島大学大学院教育学研究科修了(教育学博士)。中・高等学校の英語教員研修などに数多く携わっている。著書に『COMMUNICATION STRATEGIES FOR INDEPENDENT ENGLISH USERS』(英宝社/編著),『Global Issues Towards Peace』(南雲堂/編著)など。光村図書『COLUMBUS 21 ENGLISH COURSE』編集委員。

第3回 やり取りをスムーズにする方法

2017.05.22

外国語を学ぶ主たる目的の一つは,それを用いてコミュニケーション(意思疎通)をすることです。しかし,語彙や文法をひととおり習得すれば自動的にコミュニケーション能力が備わるかというと,必ずしもそうではありません。語彙や文法に加え,コミュニケーションをスムーズにするための「方略」(strategies)を身に付けておくことも大切です。

コミュニケーション方略(communication strategies: CS)については,下のリストが参考になります。

(1) Paraphrase

【言い換え】

(2) Borrowing

【借用】

(3) Appeal for assistance

【援助の要請】

(4) Mime

【身振り】

(5) Avoidance

【回避】

Tarone (1981)

以下に,これらの方略のいくつかを説明してみましょう。

使いたい語が表現できないとき 【言い換え】

どんな人でも,全ての単語を知っているわけではありません。例えば,“a (potato) peeler”が欲しいのにその言葉が思い浮かばないなら,

  “I want to get a cooking tool. I need one to take the skin of potatoes off.”
  「調理器具が欲しいの。ジャガイモの皮を剥くものが必要なんだけど」

と言えば,相手は“a (potato) peeler”(ジャガイモの皮むき器)をイメージしてくれるでしょう。

相手の言葉が聞き取れないとき 【援助の要請】

聞き取れないときは,聞き取れなかったことを直接相手に伝えたり,もう一度言ってもらうよう頼んだりします。

〈例1〉

  A : This is Joe Smithson of ABC Company. Could I please talk to Ms. Suzuki?
    こちらはABC社のジョー・スミッソンです。鈴木さんをお願いします。
  B : Good morning …  Sorry, I didn’t quite catch your name. Mr....?
    おはようございます…すみません。お名前がよく聞き取れなかったのですが…。

また,自身の理解に確信がもてないときにも,繰り返しを求めます。

〈例2〉

  A : Do you know the prize in this advertising campaign?
    この広告キャンペーンの景品が何か知ってる?
  B : No. What is it?
    知らない。何?
  A : They give the winner a free trip to the moon!
    無料で月旅行に招待してくれるんだ!
  B : They give what?
    何をくれるって?
  A : A free trip to the moon!
    無料の月旅行だよ!
  B : Wow!
    すごい!

誤解や間違いなどを避ける 【回避】

さらに,予想されるコミュニケーションの挫折(相手の誤解や間違い)をできるだけ回避することも大切です。

  A : Excuse me, but is this the through train to Himeji?
    すみませんが,これは姫路直通の電車ですか。
  B : I’m afraid not. You should change trains at Kobe.
    違うと思います。神戸で乗り換えが必要ですから。
  A : I’m sorry. Where?
    すみません。どこですか。
  B : At Kobe. That means you should change trains two stops from now.
    神戸です。つまり,ここから二つ目の駅で乗り換えが必要です。

「神戸」とだけ言うよりも,「二つ目の駅(次の次の駅)」と言い添えると,尋ねた人はより安心することでしょう。このような一言を添えることは,相手への「思いやり」を持つことが前提とも言えます。

最後に時刻の表現をめぐる場面を見てみましょう。

  A : We are going to take the five to two train.
    私たちは2時5分前の電車に乗ります。
  B : Pardon?
    何とおっしゃいましたか。
  A : The five to two train.
    2時5分前の電車です。
  B :  Is it 5:22?
    5時22分ですか。
  A : No. It's 1:55. That means five minutes before two o'clock.
    いいえ。1時55分です。つまり,2時の5分前です。
  B : Oh, I understand.
    ああ,わかりました。

英国と米国では時刻の表し方が異なることが多く,誤解が生じる可能性があります。

このように自分が知っている表現を言い換えたり,事前に間違いを避けたり,聞き返したりしてお互いの意思疎通をよりスムーズに行うよう心がけることは,実は日本語でのコミュニケーションでも無意識にやっていることです。ちょっとしたコツを意識して,英語でも円滑なコミュニケーションを図りたいものです。

Illustration: 福々 ちえ