メニュー

「語りかける」英語教育

達川 奎三

広島大学教授

明日の授業のスパイスとして,英語を学ぶ楽しさを「語る」「語りかける」視点から解き明かします。

達川奎三(たつかわ・けいそう)

1958年広島県生まれ。広島大学外国語教育研究センター教授。兵庫教育大学大学院修了(学校教育学修士)の後,広島大学大学院教育学研究科修了(教育学博士)。中・高等学校の英語教員研修などに数多く携わっている。著書に『COMMUNICATION STRATEGIES FOR INDEPENDENT ENGLISH USERS』(英宝社/編著),『Global Issues Towards Peace』(南雲堂/編著)など。光村図書『COLUMBUS 21 ENGLISH COURSE』編集委員。

第5回 言葉の「機能」

2017.07.24

みなさんの目の前に「30cmの物差し」があると想像してみてください。これを使って私たちは何ができるでしょうか。まず,「長さを測る」ことや「線を引く」ことができます。しかし,もっと考えると,「(カッターナイフやハサミの代用として)紙を切る」,「(書類が散乱しないように)重石(おもし)として使う」,「(孫の手の代用として)背中を掻く」こともできます。

このように,「物差し」は本来の用途以外に使われることも多く,たくさんの「機能(functions)」をもっていることがわかります。

さて,言葉も物差しのように複数の「機能」を果たします。言葉の「機能」とは,言葉のもつ「意味の働き」のことです。

例えば,
  “What are you doing?”  「何をしているの?」
という疑問文には,どんな機能があるでしょうか。まず,電話で「何をしているの?」と,『相手の様子を窺う』という機能が考えられます。街や,思わぬ場所で偶然出くわした知人に対し,「(えっ)何をしているの?」と,『驚きの感情を表す』という機能もあるでしょう。また,少し強い口調で言うと「何しているの?(ぐずぐずしないで早くしなさい)」という『相手を急かす』機能にもなります。

ここで注意しなければならないのは,言語の「形式」と「機能」は,必ずしも一対一の関係ではないということです。

例えば,命令形という「形式」に注目してみましょう。

【命令形】の文が果たす機能

Give me that book.

その本を渡しなさい。

Order 命令

Pass the jam.

ジャムを取って。

Request 依頼,お願い

Turn right at the corner.

角を右に曲がってください。

Instruction 指示

Try the smoked salmon.

スモークサーモンを食べてみて。

Suggestion 提案

Come round on Sunday.

日曜日においでよ。

Invitation 招待

(出典:『ロングマン応用言語学用語辞典』)

このように,同じ「命令形」の文の形であっても,その「機能」は『命令』以外にも複数の可能性があるのです。

また,逆に一つの「機能」を表現するにも,複数の言語「形式」が考えられます。例えば,「相手を座らせる」ことを目的とする『命令』の機能をもつ文について考えてみましょう。あなたなら何と言って相手に座ってもらいますか?

【命令する】という機能をもつ文

(Please) Sit down.

(どうぞ)座ってください。

命令文

Can you please sit down?

座っていただけますか。

疑問文

Your legs must be tired.

脚が疲れているでしょう。

ものを主語とした平叙文

You must be exhausted.

お疲れでしょう。

人の二人称を主語とした平叙文

We can’t see. (Sorry.)

見えません(すみません)。

人の一人称を主語とした平叙文

もちろん,相手に座ってもらうためには,最初の文が一番直接的で分かりやすいでしょう。しかし,興奮した聴衆で溢れるコンサート会場や球場などでは,最後の文などもよく聞かれる発話です。

「言語表現」と「言語機能」の関係を図式化してみると,次のようになります。

最後に,週明けに我が家でよく交わされる会話を見てみてください。さて,どんな意味になるでしょうか。

A: It’s Monday today.  「今日は月曜日よ」
B: OK.            「わかった」

この後でB(私)はどういう行動をとるでしょうか。Bは「燃やせるゴミ」を所定の収集場所に持って行きます。つまりAの発話は,“It’s Monday today. (So, please take out the flammable garbage to the designated place.)” の「だから,燃えるゴミを指定の場所に出しておいてね」という( )内の部分が省略され,It’s Monday today.だけで「依頼(お願い)」や「確認(reminder)」の機能を果たしているのです。

このように「誰が,誰に対して,どのような状況で」そのメッセージを発しているかによって,同じ言葉でも果たす機能(意味する内容)が異なります。そういったことを考えたり,状況や文脈から判断したりして理解を深めていくと,英語学習も楽しくなりますね。

Illustration: 福々 ちえ