メニュー

広報誌のご案内

広報課

光村図書出版

光村図書から発行している広報誌について,ご紹介します。

広報誌「小学校 国語教育相談室」No.92 (2017年9月12日発行)

2017.09.12

「小学校 国語教育相談室」は,小学校の国語教育に関するさまざまな情報をお届けしています。年3回の発行です。

画像,小国相談室92

今号の特集は,「語彙指導のアイデア」です。新しい学習指導要領では,全学年において,語彙指導の充実が求められています。語感を磨き,語彙を豊かにするには,どのような指導をしていけばよいのでしょうか。松川利広先生(奈良教育大学教職大学院教授)に,語彙指導のポイントをお伺いします。また,現場の経験豊かな先生方による実践事例もご紹介しています。

今号から新しい連載がスタートします。常用漢字の字体・字形について,武田康宏先生(文化庁文化部国語課 国語調査官)に解説していただきます。漢字の正誤の基準について知りたい方,お悩みの方におすすめの連載です。

巻頭エッセイ「わたしとことば」は,宇宙飛行士の山崎直子さんにご執筆いただきました。子どものころにかけられたほんの小さな言葉が,山崎さんのその後の道につながっていきます。ぜひご覧ください。

「小学校 国語教育相談室」No.92は,「光村コミュニティ」(会員専用)にログインして,ご覧いただけます。

光村コミュニティの新規会員登録はこちらから

新規会員登録

内容紹介

特集:語彙指導のアイデア

  • 「語彙指導のポイント」  奈良教育大学教職大学院教授・松川利広
  • 事例1 適切な表現を選ぼう(3年)  北海道札幌市立西岡小学校教諭・安尻太郎
  • 事例2 給食調理員さんにお礼の手紙を書こう(5年)  東京都足立区立扇小学校教諭・神永裕昭
  • 事例3・4 接続語に着目しよう/「言い換え」に挑戦(6年)  大阪府大阪市立磯路小学校教諭・髙井大輔

連載

わたしとことば

「世界は広いのよ」 宇宙飛行士・山崎直子

国語と外国語のよりよい関係 2

「身の回りにある外国語から学ぶ」  京都外国語大学教授・森 篤嗣

デジタル教科書を効果的に活用しよう 4

「ようこそ,私たちの町へ」(6年)  横浜市立並木中央小学校教諭・髙﨑智志

常用漢字の字体・字形 1

「『指針』が作成された背景」  文化庁文化部国語課 国語調査官・武田康宏

なるほど国語指導 10

「いっそう言葉に着目!」  作・画/あべかよこ 監修/玉川大学客員教授・輿水かおり 

広報誌のバックナンバーは,「光村コミュニティ」(会員専用)にログインして,ご覧いただけます。

光村コミュニティの新規会員登録はこちらから