メニュー

青山先生の国語教室

青山 由紀

筑波大学附属小学校教諭

子どものモチベーションをアップさせる,国語の授業アイデアをご紹介します。

青山由紀(あおやま・ゆき)

東京都生まれ。筑波大学大学院修士課程修了。日本国語教育学会常任理事。全国国語授業研究会常任理事。著書に『古典が好きになる』(光村図書),『板書 きれいで読みやすい字を書くコツ』(ナツメ社/樋口咲子共著),『子どもを国語好きにする授業アイデア』(学事出版)などがある。光村図書小学校『国語』教科書編集委員を務める。

第7回 漢字が好きになる―中・高学年編(2)―

2017.07.20

前回に続き,中・高学年におすすめの漢字学習のアイデアをご紹介します。

漢字先生

新出漢字を学習する際,子どもが先生になって漢字を教える学習です。子どもたちは,一人1文字ずつ,新出漢字を担当します。その漢字については,責任をもって,学級全員に教えなければならないということにします。

まずは,教師が見本を見せます。例1のような縦長の模造紙に,新出漢字と以下の内容を書きます。そして,それを持ち時間3分で解説します。

  • 新出漢字(一画目は赤で書く)
  • 読み方(音読み,訓読み)
  • 使い方(熟語や例文)
  • 画数
  • 筆順
  • 書くときに注意するところ(字形のポイント)

先生の見本

例1 「漢字先生」の見本

上記のような必須情報のほか,反対の意味の言葉(上司⇔部下),似ている漢字(管,菅,官),漢字の成り立ちなども入れて,持ち時間の範囲であれば,それも発表してよいことにします。

それでは,実際の「漢字先生」の様子をご紹介します。

―筑波大学附属小学校4年 「漢字先生」の様子―
  • 新出漢字:「法」

発表者は黒板の前に立ち,模造紙を見せながら解説をします。

まずは,用意してきた内容をひととおり話します。

発表者 音読みは「ホウ」です。
使い方としては,「作法」「方法」「用法」「文法」など。
「ハッ」「ホッ」は,高校で習う読み方です。特別な読み方として「のり」があります。
部首はさんずいで,総画数は8画です。
ここまでで質問はありますか?

漢字先生

解説の後には,質問タイムを設けるようにします。みんなからの質問に答えられるかどうか,発表者がいちばん緊張する場面かもしれません。

児童A さく…ほう,さほう(作法)の意味は何ですか。

発表者 「さほう」ですね。礼儀や行儀です。

このように,発表者は熟語の読み方や意味をあらかじめ調べておきます。

児童B この漢字を書くときに気をつけることはありますか。

発表者 それほどありません。

児童C 「ハッ」や「のり」はどんなときに使うんですか。

発表者 「ハッ」は「ご法度」。「のり」は,名前の「法子さん」などに使われていることがあります。

「法子さん」の解説のところで,複数の児童から,「ああ!」「そういえば…」といった声が上がりました。

発表者 他に質問はありませんか。

質問が途切れたところで,空書きに入ります。

発表者 それでは,僕がなぞるので見ていてください。いち,に,さん……。

筆順どおりに空書きをしてみせた後,クラス全員に呼びかけます。

発表者 みなさんもいっしょにやってみてください。

(全員で空書き)

発表者 次は,みなさんだけでどうぞ。

(全員が空書きするところを,発表者は前から見ている)

発表者 これで終わります。

漢字先生のかけ声で空書きをする子どもたち


以上が「漢字先生」の流れです。このような発表を,1日に2~3文字(2~3人)ずつ行います。国語の授業の中に,継続的な帯単元として位置づけるとよいでしょう。

慣れないうちは,発表後に教師がアドバイスをすることが必要です。
この日は,質問にうまく答えられない発表者がいたので,次のようなことを話しました。

  • 調べたことは,必ずノートに書いておく(前に立つと忘れてしまうことがある)。
  • 質問されてわからないときは,「次の授業までに調べてきます」と答える。漢字先生は,責任をもって,クラス全員に漢字を教えなければなりません。

他の人の発表を見ることによって,子どもたちは解説の内容をよく工夫するようになります。1年の間に,クラス全員が2周できるのが理想です。1周目よりも成長した「漢字先生」になってくれることでしょう。(談)

次回は,スピーチ活動の工夫についてお伝えいたします。