メニュー

青山先生の国語教室

青山 由紀

筑波大学附属小学校教諭

子どものモチベーションをアップさせる,国語の授業アイデアをご紹介します。

青山由紀(あおやま・ゆき)

東京都生まれ。筑波大学大学院修士課程修了。日本国語教育学会常任理事。全国国語授業研究会常任理事。著書に『古典が好きになる』(光村図書),『板書 きれいで読みやすい字を書くコツ』(ナツメ社/樋口咲子共著),『子どもを国語好きにする授業アイデア』(学事出版)などがある。光村図書小学校『国語』教科書編集委員を務める。

第8回 みんなが話したくなる「スピーチ」の工夫
―低学年編―

2017.10.16

スピーチが苦手な子どもたちの悩みの一つとして,「何を話したらよいのかわからない」ということが挙げられます。特に低学年の場合,スピーチの経験が少ないので,まずはとにかく話しやすいお題を出すことが重要です。

そこで,夏休み,冬休みなどの長期休業明けによく行うのが,「いちばん○○だったこと」というお題のスピーチです。長期休業中は,普段とは異なる体験をしていることが多いので,スピーチの材料が見つけやすいという利点があります。しかし,単に「夏休みの思い出」といったお題にしてしまうと,旅先での出来事を,時系列に沿ってひたすら話すということに陥りがちです。「いちばん○○だったこと」というお題にすれば,楽しかったこと,驚いたことなど,話題が焦点化されます。

それでは,実際のスピーチの様子をご紹介します。

―筑波大学附属小学校2年 長期休業(夏休み)後のスピーチの様子―
  • スピーチのお題「いちばん○○だったこと」

※持ち時間は,一人3分です。3分の中で,スピーチと質疑応答を行います。

発表者A ぼくが夏休みにいちばん楽しかったことは,広島のおじいちゃんとおばあちゃんの家に行って,海で魚釣りをしたことです。えさは青虫です。

(多くの児童から,「青虫!」と驚く声)

発表者A 最初に釣れたのはこれくらいの小さな鯛です。その後も鯛が2匹くらい釣れました。そして最後に鱚(きす)が釣れました。

(「きす? 魚?」とささやく声)

発表者A 鱚は色がきれいでした。鯛はまだ赤ちゃんだったので,持って帰らずに流しました。釣った鱚は,次の日の朝に食べることにしました。
これでスピーチを終わります。何か質問はありますか。  

先生 今日の一人目の質問はBさんですよね。

質問は,挙手制だけで進めていくと,クラスの中で発言回数に偏りが出てしまいます。全員が質問できるよう,一人目の質問者だけは持ち回りにしておきます。落ち着いて質問を考えられるよう,スピーチを始める前にも,今日はBさんの番だということを確認しておきました。

児童B 鱚はどれくらいの大きさでしたか?

発表者A 幅は2センチくらいで,大きさはだいたいこのくらいです(手で示す)。

スピーチの様子

魚の大きさを手で示すAさん

児童C A君がもともと釣りたかったものは何ですか?

発表者A 最後に釣れた鱚です。

児童D 鱚は何色でしたか?

発表者A 銀色でした。

ここで,3分間の時間制限のタイマーが鳴りました。ある適度の時間で区切ることにより,テンポよく進み,子どもたちは1回1回のスピーチに集中することができます。

先生 みなさん,釣りの様子を詳しく聞くことができましたね。
ところで,鱚って知っている?

「鱚」という名称を初めて聞いた子どもが多かったようなので,簡単に補足説明を入れました。そしてすぐに,Eさんのスピーチに移りました。

発表者E 楽しかったけど,悲しかったことを話します。

(クラスからは,「え? どんなこと?」という興味津々の声)

発表者E 私は夏休みに,親友のFちゃんと一緒に箱根に旅行に行きました。お母さんが1時間も並んで,ロマンスカーの展望席を取ってくれました。でも,そこで,本当にびっくりしたことがありました。ロマンスカーに乗って,楽しくお弁当を食べていたら,車内アナウンスがあり,「人身事故があったので,ロマンスカーを運行できなくなりました」と聞かされました。10分くらいしか乗っていなかったのですが,3つ目の駅で降りることになりました。

(多くの児童から,「え~,残念」という声)

発表者E それから各駅停車に乗り継いで,5時間かけて箱根に行きました。
何か質問はありますか。

スピーチの様子

Eさんへの質問タイム

児童G ロマンスカーで行っていたら,何分で箱根に着いていましたか?

発表者E たぶん1時間半くらいです。

「いちばん○○だったこと」は,楽しかったことや充実していたことがテーマになるとはかぎりません。Eさんのような,がっかりした話も変化があって面白いものです。Eさんが明るく話してくれたこともあり,大勢の子どもが興味をもってスピーチを聞いていました。そして質問タイムには,多くの手が挙がりました。

次はHさんのスピーチです。Hさんは,空中ブランコに乗ったときの様子を,書画カメラで映しながらスピーチを行いました。写真を見せることによって,スピーチの内容がより伝わりやすくなります。写真は,スピーチ用にわざわざ用意しなくても,自宅にあるスナップ写真で十分です。

発表者H 夏休みにいちばんわくわくしたことは,石垣島で空中ブランコに乗ったことです。
初めは怖くてやりたくなかったのですが,いとこのお姉さんがやるといったので,私もやってみました。風が吹いていたので気持ちよかったです。私は3回やりました。

児童I どのくらいの高さでしたか?

発表者H 2階建てくらいです。

児童J どこから登るんですか?

発表者H ここにある(棒で指す)はしごで登ります。

スピーチの様子

書画カメラを活用したスピーチの様子

数名スピーチしたところで,「褒め褒めタイム」を設けました。友達のスピーチのどんなところがよかったか,理由とともに言ってもらいます。このような時間を設けることで,子どもたちは,友達のよいところを探しながら話を聞くようになります。


この活動に慣れてくると,子どもたちは,話題を掘り下げるための質問が上手になっていきます。たまに,話題の中心からずれた質問が出ると,「あれ? そこについて聞くの?」といった,質問に対して質問が投げかけられることもあります。

スピーチは,話し手だけでなく,聞き手も同時に育てなければ,充実した活動になりません。クラス全体で,話し手・聞き手を育てていきたいものです。(談)