メニュー

教科書の言葉 Q&A

教科書編集部

光村図書出版

教科書にまつわる言葉へのさまざまな疑問について,編集部がお答えします。

第18回 会話文の「 」(かぎ)の正しい使い方は?

2016.07.11

Q:会話文の「 」(かぎ)は,書籍によって,さまざまな使い方がされています。

原稿用紙にたて書きする場合は,どう書くのが正しいのでしょうか。

原稿用紙での「 」(かぎ)の使い方については,公的に示された決まりはありません。そこで,教科書では,一般的な表記との関連や,子どもたちの学びやすさといった観点から,一定の表記の基準を定めています。

○原稿用紙のます目の中の位置

教科書では,4等分したます目を用いて,次のように示しています。

画像 教科書紙面

光村図書小学校『国語』1年下P16

つまり,始まりの「 は,ます目の下半分の右寄りに,終わりの 」は,ます目の上半分の左寄りに書くということになります。ただし,「 」内の最後の文字が行末に来る場合には, 」を行末の文字と同じます目の下方,あるいは,欄外に書くとよいでしょう。

○会話文の行頭の位置

通常,段落の初めは1字下げるというのが表記の決まりですが,教科書では,会話文の始まりの「 に限って,1字下げにはしない形にしています。小学校の教科書の例をご覧ください。

画像 教科書紙面

光村図書小学校『国語』5年P215

このように,見た目のうえでは,「 が少し下がった位置から始まっています。また,会話文が2行以上にわたる場合は,2行目以降の行頭を1字分下げて表記しています。そうすることで,会話文と地の文との区別が視覚的にはっきりとします。特に小学校段階では,会話文に着目するという基礎的な学習が大切ですので,できるだけ明確な形にしておく必要があるという理由からです。なお,このような表記は,戦前の国定教科書の頃から続く慣行でもあるようです。

しかし,一般の書籍では,会話文の2行目以降が行頭から始まるものも多くあります。そこで,中学校の教科書では,徐々に一般の書籍に慣れていく段階であることを踏まえ,次の例のように,会話文の2行目以降を行頭から始まる形にしています。

画像 教科書紙面

光村図書中学校『国語』2年P21

また,中学校の教科書では,短い会話文を地の文に含めて示すなど,作品によって小学校とは異なる表記を用いることもあります。

以上が,教科書における会話文の表記の基準です。

会話文の他にも,「 」は,書名や引用,心内語など,他の言葉と区別して示す必要がある場合に使われます。前述のように,原稿用紙での書き方については公的な決まりがないため,文章全体で読みやすく統一されていれば,「正しい使い方」にこだわりすぎなくてもよいかもしれません。

次回は,送り仮名に関する疑問にお答えします。

目次

【第1回】 「分かち書き」って,なんですか? <2015.03.31>

【第2回】 「友達」は,なぜ漢字で書き表すの? <2015.04.16>

【第3回】 「日付」,それとも,「日付け」? <2015.05.19>

【第4回】 教科書で使われている書体は? <2015.06.15>

【第5回】 「氷」は,「こおり」,それとも「こうり」? <2015.07.16>

【第6回】 小学校では,どれぐらい漢字を勉強するの? <2015.08.04>

【第7回】 「作る」と「造る」の使い分けは? <2015.08.28>

【第8回】 「ひとり」を漢字で書くときは? <2015.09.29>

【第9回】 「器」と「機」の使い分けは? <2015.10.28>

【第10回】 「追求」か? 「追究」か? <2015.11.16>

【第11回】 「木の葉」は「きのは」? それとも「このは」? <2015.12.09>

【第12回】 「一日」は「いちにち」? それとも「ついたち」? <2016.01.15>

【第13回】 「とる」の漢字の使い分けは? <2016.02.15>

【第14回】 漢字の正しい書き方とは? <2016.03.10>

【第15回】 中学校では,どれぐらい漢字を勉強するの? <2016.04.08>

【第16回】 教科書では,「ヶ」を使わないの? <2016.05.17>

【第17回】 「わかる」と「分かる」の使い分けは? <2016.06.10>

【第18回】 会話文の「 」(かぎ)の正しい使い方は? <2016.07.11>

【第19回】 行う,それとも「行なう」? <2016.08.10>

【第20回】 「二十回」は「ニジュッカイ」と読んでいいの? <2016.09.30>

【第21回】 横書きの文章の読点は 「、」? それとも「,」? <2016.11.07>

目次へ