メニュー

書写の用具研究

編集部

光村図書出版

書写の用具を一つ取り上げ,書写用具店の方にお話を伺うコーナーです。

第1回 教えて! 筆のこと

2016.12.21

さまざまな筆を扱う書道用具専門店・清雅堂(東京都千代田区)にお邪魔し,店主の廣瀬保雄さんにお話を伺いました。

1. 穂の長さ・太さ

筆

お店に入った瞬間,ずらっと並んだ筆が目に入る。

――わあ,筆がたくさん並んでる! こんなにいろいろな種類の筆があるんですね。

筆にはさまざまな種類がありますが,穂の長さ・大きさ・材質で分類することができるんですよ。

――確かに,よく見てみると,穂の大きさや長さがそれぞれ違いますね。

筆は穂の長さによって,長い順に,長鋒(ちょうほう),中鋒(ちゅうほう),短鋒(たんぽう)に区別されます。中鋒がいちばん扱いやすい長さなので,中学生のみなさんが書写の時間に使われているのは,中鋒だと思います。

長鋒はちょっと扱いにくいので,上級者向けです。でも,慣れてくると,長い穂を操って字を書くのはとても気持ちがいいんですよ。それから,穂の太さによって1号から10号まで号数をつけ,区別されています(※)。皆さんが,普段,書写の授業で使っているのは、3~5号あたりでしょうか。小筆として使うのは7~8号だと思います。

※ 筆の太さ(cmは直径)

筆の号数は,製造会社によって,太さが少し変わることがある。

2. 穂の材質

――穂の材質についても教えてもらえますか。

穂は,毛の種類によって弾力が異なり,書き味が変わってきます。剛毛筆(ごうもうひつ),柔毛筆(じゅうもうひつ),兼毛筆(けんもうひつ)に大別されます。

剛毛筆は,馬・狸(たぬき)・鹿などの硬い毛で作られた筆です。弾力が強く,墨含みがよくありません。ですから,楷書を書くときに向いています。

柔毛筆は,主に羊などの柔らかい毛で作られた筆です。弾力が少なく,墨含みがよいのが特徴です。柔らかい書き味なので,初心者にはちょっと扱いづらいかもしれません。行書や草書を書くときに向いています。

兼毛筆は,硬い毛と柔らかい毛を混ぜて作られた筆です。ある程度の弾力性と墨含みがあり,楷書や行書のどちらを書くのにも向いています。

筆の説明をする店主

穂の材質について説明する店主の廣瀬さん。

――では,中学生が使いやすい筆はどれなんでしょうか。

そうですね。やはり,兼毛筆を使われるのがいいと思いますよ。剛毛と軟毛が混ざっているほうが適度な弾力があり,初心者でも扱いやすいんです。

――筆には,いろいろな動物の毛が使われているんですね。

鼠(ねずみ)の髭(ひげ)で作った「鼠鬚(そしゅ)」という筆もあります。穂先が利き弾力があり,書聖として名高い中国の王羲之(おうぎし)は,鼠鬚筆を使って「蘭亭序(らんていじょ)」という傑作を残したといわれています。ただし,後世の鼠鬚筆はリスの尾の毛を使ったものです。こういう筆は,専門店でないと手に入らないかもしれません。

3. 筆の使い方

捌き筆と固め筆

固め筆(左)と,捌き筆(右)

――お店に並んでいる筆を見ると,穂がふさふさの状態のものと,固まった状態のものとがありますね。

ふさふさの状態のものを「捌(さば)き筆」,糊で固めた状態のものを「固め筆」といいます(右写真参照)。

捌き筆は,根本まで墨を含ませて使います。いっぽう固め筆は,3分の2ぐらいまで手でもみほぐし,水やぬるま湯につけて糊(のり)を取り除いてから使います。

筆を使った後は,墨がついた部分を水洗いして,反故(ほご)紙などで水切りし,穂先を整えて乾かすようにしてください。

4. 書を好きになってほしい

――筆を買うときは,どうやって選んだらよいのでしょうか。

先ほど話したように,中学生の皆さんには,兼毛筆で中鋒の3~5号の筆が扱いやすいと思います。

でも,自分に合った筆かどうかというのは,実際に書いてみないとわかりません。もっと言えば、書いてもすぐにはわかりません。何度も書いてみて,やっと「この筆はいいな」とわかるものです。ですから,自分に合った筆に出会うのは簡単ではないんですよ(笑)。

店内に並ぶ筆は上海,蘇州など,中国から輸入されたものも多い。

――いつか自分に合った筆に出会えるようになりたいです。

私はこの仕事をして50年以上になりますが,幼い頃から書が大好きでした。昔は店の奥に小さな座敷があって,そこで店の人たちといっしょに,書の先生に習っていたんです。

この店は,父が昭和3年に創業したのですが,私が店を継いだのは,戦後の復興が始まった頃から。その当時は,「書を本格的にやろう」とお客さんの意気込みがすごかったんですよ。半紙を2,000枚一締めで売っていたのですが,その一締めを購入して,一生懸命に書の練習をしている人がたくさんいました。活気がありましたね。

みなさんにも,ぜひどんどん書いて,書のおもしろさを味わってほしいと思います。そして,うちみたいな書道用具店に,ぜひ脚を運んでみてください。いろいろな筆がありますので,見ているだけでも楽しめると思います。

――ぜひ,また伺いたいです。今日は,ありがとうございました!

Illustration: KAMO

清雅堂(せいがどう)

東京都千代田区神田須田町1-14
Tel:03-3256-3011  Fax:03-3256-3014
営業時間:10:00~18:30 (土~18:00)
定休日:日曜・祝日

次回は,筆ができるまでの工程をご紹介します。