メニュー

書写の用具研究

編集部

光村図書出版

書写の用具を一つ取り上げ,書写用具店の方にお話を伺うコーナーです。

第2回 筆ができるまで

2017.01.19

第1回で伺った書道用具専門店・清雅堂では,愛知県豊橋市で製造された筆を取り扱っています。豊橋筆の起源は江戸時代後期にさかのぼり,その品質の高さや書き味のよさから,今日に至るまで,多くの愛用者を生み続けています。

今回は,豊橋筆ができるまでの主な工程をご紹介します。

第1回 教えて! 筆のこと

画像,男子と女子

1. 毛を選別し,整える

画像,筆ができるまで

原毛(げんもう)を選別し,強くもんで毛の脂分を取り除いた後,毛先をそろえたら,毛先の悪い毛を1本1本除いていく。毛が絡み合ったり折れ曲がったりしないよう金櫛(かなぐし)ですき,ガラス板の上で整える。

2. 毛の長さを整え,混ぜ合わせる

画像,筆ができるまで

円錐形の穂先をつくるには,異なる長さの毛を均一に混ぜ合わせる必要がある。毛の根元を,決められた寸法ごとに切り落としたうえで,ガラス板の上に並べて,丹念に混ぜ合わせることを繰り返す。

3. 毛をまとめて穂の形にする

画像,筆ができるまで

よく混ぜ合わせて均一にした毛を,型に合わせて形を整え,ふのりを染み込ませて,穂の芯となる芯毛(しんげ)をつくる。天日乾燥の後,芯毛の回りに,艶のある美しい化粧毛を巻き付ける。

4. 穂の根元を固める

画像,筆ができるまで

乾燥させた穂の根元に麻糸を巻き,尻の部分をコテで焼いて,ばらばらの毛を一つにする。その後,毛の部分に櫛を通して,ふのりやほこりなどを払い落としてきれいにし,穂を完成させる。

5. 穂を軸に接着し,仕上げる

画像,筆ができるまで

竹でつくった軸に穴を開け,接着剤を付けて穂を差し込む。穂は,しっかりと軸に固定させた後,乾燥させる。最後に,穂全体に芯までしっかりふのりを含ませ,穂の形をきれいに整えて仕上げる。

Illustration: KAMO

次回は,墨について取り上げます。