メニュー

書写の用具研究

編集部

光村図書出版

書写の用具を一つ取り上げ,書写用具店の方にお話を伺うコーナーです。

第3回 教えて! 墨のこと

2017.09.28

墨のメーカーである墨運堂(ぼくうんどう)・東京店に伺いました。墨運堂の本社は奈良県にあり,文化2年に創業,その歴史はなんと200年以上です。東京店店長の松井昭光さんにお話をお聞きしました。

中学生の男の子と女の子のイラスト

1. 墨の歴史

液体墨と固形墨

(左)液体墨 (右)固形墨
固形墨は桐箱に入れて売られていることが多い。

――そもそも墨はいつ頃できたのか,教えていただけますか。

小・中学生のみなさんが「墨」というと,思い浮かべるのは,液体の墨でしょうか。

――はい。学校の授業では墨液を使うことが多いので……。

小・中学校の書写の授業では,手軽に使える「液体墨(えきたいぼく)」(墨液)を使うことが多いですね。墨には,ご存じのとおり,硯(すずり)で磨(す)って使う「固形墨(こけいぼく)」もあります。

固形墨と液体墨の違いを説明する松井さん。

固形墨と液体墨の違いを説明する松井さん。

墨は,固形墨から始まり,中国から伝わりました。その歴史は古く,漢の時代(紀元前206~220年)にさかのぼります。日本では,『日本書紀』に「推古天皇十八年三月,高麗王,僧曇徴を貢上す。曇徴よく紙墨をつくる」とあり,実際は推古天皇の時代より少し前に,墨が日本へ伝えられたと考えられています。そのときに都があった奈良を中心に,墨は徐々に全国へ広まっていきました。ですから,現在でも墨作りをしているメーカーは,奈良に多いんですよ。

このように,固形墨には2,000年以上の長い歴史があります。しかし,液体墨ができたのは,昭和36年。ごく最近なんです。

――それは意外ですね。なぜ液体墨は生まれたのですか。

やはり,もっと手軽に墨を使いたいという声が多かったのでしょう。昭和25年に水で溶かして使うペースト状の「練墨(ねりずみ)」ができ,その後に液体墨が開発されました。当時は,固形墨の代用品という位置づけでしたが,今では固形墨よりも使う人が多くなっています。

2. 固形墨と液体墨の違い

墨磨機

墨磨機
機械に固形墨をはさみ,水を入れて電源を入れると,自動的に墨を磨ってくれる。

――固形墨と液体墨では,書き味にどのような違いがあるのですか。

固形墨は自分で磨るため,濃淡をつけたり,いろいろな表情を出したりすることができます。また,粒子が細かいため,見た目は艶っぽく優雅になることが多いですね。

いっぽう液体墨は,一定の濃度で製造されているので,見た目がやや平板になりますが,粒子が粗いため,墨を黒く,力強く見せたいときにいい。豪快さを出すことができます。

作品によって固形墨と液体墨を使い分ける書家の先生もいます。また,大きな作品を書くときは,大量に墨を磨るのが大変なので,液体墨を使うことが多いようです。しかし,固形墨を使って大きな作品を書きたいという人もいますので,「墨磨機(すみすりき)」という自動で墨を磨る機械があるんですよ。高校の書道部などでも使われているようです。

墨の磨り方

墨の磨り方

――固形墨と液体墨で,扱い方に違いはありますか。

固形墨には,「墨は成長する」という言葉があり,年数を経ることで,書き味がよくなっていくのが特徴です。およそ20年以上たった固形墨を「古墨(こぼく)」と呼ぶことがあり,ものによっては,たいへん価値があります。固形墨を硯で磨るときは,垂直にせず少し斜めにし,時々,裏返して磨り口がV字の形になるようにするとよいと思います。力を入れすぎないようにすることも大事です。使い終わったら,反故紙(ほごし)などできれいに拭き取り,桐箱に入れ,直射日光が当たらない涼しい場所で保管しましょう。よい条件で保管すれば,何十年と使い続けることができますので,丁寧に扱いたいものです。

いっぽう,液体墨は製造されてから,ゆっくりと劣化していきます。なぜか「墨液は腐らない」と思っている方がいるのですが,そんなことはありません(笑)。ものにもよりますが,大体5年以内に使い切ったほうがいいと思います。また,液体墨は,原料の煤(すす)が沈殿しやすいので,軽く振ってから使うとよいでしょう。

それから,硯に余った液体墨を,元の容器に戻す人がいますが,あれは絶対にやらないほうがいい。硯に入れた時点で,ほこりや雑菌が入りますから,それを戻すと容器に入っている墨までダメになってしまいます。

3. 墨の原料と作り方

墨の原料

左から,香料,煤,膠

――固形墨と液体墨の原料は同じなのですか。

基本的には同じで,原料は,煤・膠(にかわ)・香料です。液体墨の場合,それに水が加わり,防腐剤が入ることがあります。膠でなく合成樹脂を使うこともあります。

煤には,油煙(ゆえん)・松煙(しょうえん)・工業煙の種類があり,油煙は,菜種油など植物性の油を燃やして採取します。松煙は,松の木を燃やして採取するのですが,今では自然保護の観点から行われていません。工業煙は,軽油などを燃やして採取します。

――膠というのは,どのようなものですか。

動物の骨や皮などを,水を加えて煮沸してつくるコラーゲンを含むゼラチンを主成分とした動物性タンパク質の一種です。膠は,墨づくりに欠かせない原料ですが,非常に独特なにおいのため,墨をつくるときは,必ず香料を加えます。うちでは龍脳(りゅうのう)という天然香料が使うことが多いですね。固形墨を磨ったときに感じるいい香りは,香料によるものです。

――墨はどのようにして作られるのですか。

煤を採取する「採煙」に始まり,さまざまな工程を経て作られます(第4回を参照)。特に,墨を練ったり,型に入れたりするのは,経験を積んだ職人にしかできない,緻密な作業です。

また,膠が動物性タンパク質で腐敗しやすいため,墨は暑い時期に作ることができません。毎年10月から翌年の4月に製造しています。

墨運堂本社には「墨の資料館」があり,墨の製造期間中は墨づくりの工程の展示を見たり,墨の型入れを見学したりすることができます。ぜひ予約してお越しください。

――ぜひ見学に伺いたいです。今日はありがとうございました!

Illustration: KAMO

墨運堂(ぼくうんどう)

■本社  
奈良県奈良市六条1-5-35/Tel:0742-52-0310
■東京店 
松戸市小金きよしケ丘4-10-2/Tel:047-347-5100

次回は,墨ができるまでの工程をご紹介します。