メニュー

書写の用具研究

編集部

光村図書出版

書写の用具を一つ取り上げ,書写用具店の方にお話を伺うコーナーです。

第7回 教えて! 紙のこと

2017.10.05

和紙を専門に扱う山形屋紙店(東京都千代田区)へ伺いました。明治13年の創業以来,和紙ひとすじのお店です。宮内庁御用達でもあり,歌会始めのときに使う紙などを宮中におさめています。店主の田記有子さんにお話を伺いました。

中学生の男の子と女の子のイラスト

1. 和紙の産地

画像,山形屋紙店の店内

便箋やハガキなどが所狭しと並ぶ店内。

――いろいろな和紙が置いてありますね。

うちの店では,書道半紙の他,奉書紙,千代紙,障子紙,手芸用和紙はもちろん,便箋やはがきなども扱っています。お店に置く和紙は,全国の和紙職人の工房を訪れ,職人と話をしながら決めていきたいと思っています。やはり,実際に職人が和紙を漉(す)いているところを見たり,その土地の自然に触れたりすると,和紙に対する愛着が全然違ってきますから。大変ですが,できるだけ工房へ出向くようにしています。

――和紙はどのような場所で作られているんですか。

川の上流付近など,きれいな水のあるところですね。また,暑い場所は和紙作りに向きません。冷たくてきれいな水で和紙を漉くと,締まったよい紙になるんです。

和紙は,全国さまざまな場所でつくられています(図参照)。うちの店で取り扱っているものでは,福井県の越前和紙や,高知県の土佐和紙が多いですね。岐阜県の本美濃紙(ほんみのし),埼玉県の細川紙(ほそかわし),島根県の石州半紙(せきしゅうはんし)は,2014年にユネスコの無形文化遺産に登録されたので,ご存じの方も多いと思います。

画像,和紙の産地

2. 和紙の原料

――和紙の原料は何ですか。

古くは麻なども使われていましたが,現在は,コウゾ(クワ科の低木植物),ミツマタ(ジンチョウゲ科の植物),ガンピ(ジンチョウゲ科の植物)という3種類の木の皮の繊維が多く使われています。それから,トロロアオイ(アオイ科の植物)という植物の根に含まれる粘液を糊(のり)として使います。

コウゾは繊維が長く絡み合う性質があり,しっかりとした強い紙になります。墨のにじみやかすれを表現しやすく,漢字を書くときに向いています。ミツマタは,繊維が短く柔軟なので,緻密な紙になります。墨がにじみにくく,仮名を書くのに向いています。ガンピは,繊維が短く光沢があるため,紙の表面が美しくなめらかになります。かな料紙などに使われます。

基本的に,和紙にはコウゾが使われることが多く,そこにミツマタやガンピを混ぜて,なめらかさや繊細さを出します。

書道半紙は,原料や漉き方の違いで,随分と書き味が変わります。にじみがふわっと出るもの,かすれが強く出るものなど,さまざまです。小・中学生のみなさんには,ぜひいろいろな半紙を試してみてほしいですね。お店に来て「書き初め用の半紙を探しています」とか「練習用に気軽に使える半紙が欲しいです」とか用途を教えてもらえれば,いくらでも相談にのりますよ。

半紙は1帖(20枚)から売っています。手漉きでも,1帖数百円で買えるものがもありますよ。時には清書用に,よい紙を使ってみると,気も引き締まるし,いいんじゃないでしょうか。

3. 和紙のよさ

――最後に,和紙の魅力について教えてください。

和紙は,コウゾを刈り取って,それを蒸して,皮を剥(は)いで……と,作るのにたいへんな手間がかかります(第8回参照)。だからこそ,独特の美しい風合いがあり,何年経っても変わらない強度があります。よく,和紙は千年もつと言われますが,うちのお店には,明治時代の大福帳が残っていて,百年以上経った現在でも,文字がしっかり読め,紙が擦り切れずきれいな状態を保っています。

画像,和紙の産地

お店で保管されている大福帳(江戸時代,商家で使われていた帳簿)

画像,山形屋紙店の店内

和紙でつくったはたきは,お店でも販売されている。

みなさんは,書道半紙に書いて失敗すると,半紙をすぐに捨ててしまおうとするでしょう。でも,和紙はとても丈夫なので,ちょっと失敗したからって捨てるのは,もったいないですよ。書く場所がなくなるぐらい,隅々まで書いて,紙に「ありがとね」って言ってから,捨ててほしいなと思います(笑)。

昔は,使った半紙を捨てずに,箱の裏張り紙に使ったり,割いてはたきにして使ったりしていたんです(写真参照)。ぜひ,みなさんにも紙を大事に使ってほしいですね。それが,私たち紙屋さんからのメッセージです。

――はい! 練習用紙1枚も,大事に使っていきたいと思いました。そして,いつか手漉きのよい紙に清書してみたいと思います。今日は,ありがとうございました。

Illustration: KAMO

株式会社 山形屋紙店(やまがたやかみてん)

東京都千代田区 神田神保町2-17
Tel:03-3263-0801
営業時間:10:00~18:00
定休日:土・日・祝日

次回は,美濃和紙ができるまでの工程をご紹介します。