メニュー

「飛ぶ教室」のご紹介

「飛ぶ教室」編集部

光村図書出版

児童文学の総合誌「飛ぶ教室」に関連した企画をご紹介していきます。

スペシャル対談「漫画と小説」 森絵都×長崎訓子 [後編]

2017.02.28

特別編集長シリーズ第4弾「飛ぶ教室48号」発行を記念したスペシャル対談。長崎編集長のお相手は,『カラフル』(理論社・1998年)や,毎日中学生新聞に連載していた,不思議な旅をめぐるお話「Further sight 旅のかけら」(※)でご一緒し,以来,親しくされている作家・森絵都さん。

3回に分けてお送りしている今回は,後編。長崎さんの本棚のことや創作漫画についてです。

※2000年に理論社より短編集『ショート・トリップ』として発行。現在は集英社みらい文庫などで読める。

画像,長崎訓子・「飛ぶ教室48号」

左/「オリジナルで漫画を描くとしたら,子どもで描くと思うんですよね」(長崎訓子)
右/森さんを特集した「飛ぶ教室39号」と,長崎さんが特別編集長を務めた「飛ぶ教室48号」

「男っぽい」本棚の秘密

長崎さんは子どもの頃から漫画をたくさん読まれてますけど,親に「漫画ばっかり読んで!」みたいなことは言われなかった?

長崎 うちは親が率先して読んでいたので。英才教育されてたっていうか(笑)。だから,この本棚(本誌:p90)も両親の影響がすごくあるんです。二人ともいろいろなジャンルを読んでいて。父は途中から,『ゴルゴ13』(小学館)だけになりましたけどね(笑)。

究極の男!(笑) 長崎さんの本棚を見て,男っぽさにびっくりしましたけど,その影響もあるんですね(笑)。うちは姉と私の二人姉妹。そうすると,少年漫画って読む機会が全くないんですよ。なので,瞳に星が入ってない主人公はいないっていうぐらいに,本棚全部少女漫画(笑)。

長崎 普通はきっとそうなりますよね! なかなか男気はあふれない(笑)。

(笑)。でも,あだち充作品で,初めて少年漫画が読めたんです。『みゆき』や『陽あたり良好!』,『タッチ』。少年漫画の世界から,親しみやすい外交官がやっと来たみたいな感じで(笑)。もう本当に何回読んでも面白いって思いました。
そのあだち充作品にも触れている森山裕之さんの「漫画と日曜日」(本誌:p42)は,ただの評論ではなく,自身の子どもの時代に思いをはせながら,漫画と自分の経験や感情を重ねて書かれている。漫画を読むって,こういうことだなって思いますね。

画像,森絵都

コミカライズとオリジナルの構想

長崎さんの「焼かれた魚」(本誌:p73),すごくいい話だなと思いました。長崎さんの漫画化は,どのお話も,元のよりかなり湿気が抜けているように思います。それがすごく面白い。これ,長崎さんの持ち味なのかな?

長崎 そこは,自分でも最近意識するようになりました。ストーリーを追っていくようなものは,特にそうですね。「焼かれた魚」はネームを何回も書いたんですよ。主人公の秋刀魚の気持ちをモノローグで追ったネームもあったんですけど,なんか湿っぽくなっちゃって。これは違うな,と(笑)。

この原作も読みましたが,長崎さんのこの感じ,ちょうどいいって思いました。秋刀魚は最後に海に戻ったけど,別に喜ぶでもなくて,感情がよく分かんない(笑)。それがすごくリアル!

長崎 原作のテキストを読んだとき,作者の小熊秀雄にドライなイメージをもったんです。

作者はこのお話に教訓を込めてるわけでもなく,寓話的でもなく。「焼かれた魚」そのものが書きたかったんじゃないかって思いますね。

長崎 それが出せたらいいなって。

すごく出てました。

長崎 ありがとうございます。

ほかにもいろんな短編を漫画にされていますが,それぞれの原作の全ては描けないですよね? どこかの場面を集中して描くことになると思うんですが,そういうのって「ここだな」って,感覚で分かるんですか?

長崎 今回「タゴールの『妖精』」を描いてくれた森泉岳土さんなんかは,そのあたりがものすごくお上手で,きちんと翻訳されてる。私は部分的に描くってなかなかできなくて。全てをこまごまと追って描いちゃうんですよね。

そうなんですね。漫画化したいという決め手って何ですか。

長崎 決め手は……,やっぱり「ドライさ」かな(笑)。

(笑)。ウエットな感じの世界観を漫画にしたいとは思わない?

長崎 うーん,自分が漫画にするのに,ウエットさを漂わせないといけない感じだったら,難しいのかなって思いますね。といっても,ウエットではない作品でも,難しいものもあります。たとえば,宮沢賢治は挑戦したんだけど,意外と難しくて。世界観があまりにも……。

強い?

長崎 うん。はっきりし過ぎてるというか。その時は,描ききれなかったんですね。でも,森さんの作品は描きたい!

描いてください!

長崎 森さんとご一緒した『ショート・トリップ』,自分の中でコミカライズのルーツみたいになっています。お話が短いから,いわゆる挿絵とも違うし,かといって絵本の考え方でもなく,絵をがちでぶつける感じで。お話もドライだし(笑)。

たしかに,湿気がない(笑)。長崎さんの絵,毎回,ストーリー性のあるものでしたよね。長崎さんの宮沢賢治,読んでみたいな。あと,オリジナルでは描かないの?

長崎 オリジナルはまだなんですけど,もし描くとしたら,子どもで描くと思うんですよね。あと,ドライで,男気あふれる感じで(笑)。

湿気のかけらもなし,みたいな(笑)。楽しみにしてます!


画像,長崎訓子・森絵都

森絵都(もり・えと)

1968年東京都生まれ。作家。『リズム』でデビュー。著書『宇宙のみなしご』『つきのふね』『カラフル』『DIVE!!』『クラスメイツ』『みかづき』ほか。

長崎訓子(ながさき・くにこ)

1970年東京都生まれ。イラストレーター。文学漫画集『Ebony and Irony』『MARBLE RAMBLE』,作品集『Daydream Nation』『COLLAGES』ほか。

人物写真:長岡博史

「飛ぶ教室」39号の内容は,こちらからご覧いただけます。

飛ぶ教室 第39号(2014年秋)

「飛ぶ教室」48号の内容は,こちらからご覧いただけます。

飛ぶ教室 第48号(2017年冬)

「飛ぶ教室」のTwitter公式アカウントを,ぜひフォローしてみてください!

「飛ぶ教室」Twitter公式アカウント

目次

【第1回】 スペシャル鼎談 中川ひろたか×新沢としひこ×つるの剛士 <2015.03.31>

【第2回】 丸善 丸の内本店 フェア&トークイベント <2015.06.10>

【第3回】 スペシャル対談 五味太郎×江國香織 <2015.07.03>

【第4回】 「みんな大好き! 五味太郎の絵本フェア」 <2015.08.06>

【第5回】 五味太郎さん×幅允孝さんのトークイベント <2015.10.15>

【第6回】 スペシャル対談 荻原規子×幅允孝 <2015.10.30>

【第7回】 スペシャル鼎談 せきしろ×又吉直樹×金原瑞人 <2015.12.17>

【第8回】 金原瑞人編集長への9つの質問! <2016.01.26>

【第9回】 ジュンク堂書店池袋本店 トーク&サイン会 <2016.03.22>

【第10回】 児童書専門店「ハックルベリーブックス」 原画展&トークイベント <2016.04.18>

【第11回】 トークイベント ささめやゆき <2016.06.02>

【第12回】 スペシャル対談 宇野亞喜良×石井睦美 [前編] <2016.06.03>

【第13回】 スペシャル対談 宇野亞喜良×石井睦美 [後編] <2016.06.09>

【第14回】 青山ブックセンター本店 原画展 <2016.06.07>

【第15回】 スペシャルインタビュー ヨシタケシンスケ <2016.08.05>

【第16回】 スペシャルインタビュー 松田奈那子 <2016.11.04>

【第17回】 長崎訓子編集長に,スペシャルインタビュー! <2017.01.27>

【第18回】 スペシャル対談 森絵都×長崎訓子 [前編] <2017.02.23>

【第19回】 スペシャル対談 森絵都×長崎訓子 [中編] <2017.02.24>

【第20回】 スペシャル対談 森絵都×長崎訓子 [後編] <2017.02.28>

【第21回】 スペシャルインタビュー 新沢としひこ [前編] <2017.05.02>

【第22回】 スペシャルインタビュー 新沢としひこ [後編] <2017.05.08>

【第23回】 新沢としひこ「お父さんの歌」 <2017.05.30>

【第24回】 50号スペシャル企画 誌上ワークショップ <2017.07.25>

【第25回】 スペシャルインタビュー 長谷川義史 <2017.07.28>

【第26回】 スペシャルインタビュー 加藤休ミ <2017.10.19>

【第27回】 スペシャルインタビュー 大前粟生 <2017.11.16>

【第28回】 スペシャルインタビュー マライ・メントライン <2018.02.16>

【第29回】 スペシャルインタビュー マライ・メントライン <2018.02.20>

【第30回】 スペシャル対談 服部真里子×木下龍也 [前編] <2018.04.27>

【第31回】 スペシャル対談 服部真里子×木下龍也 [後編] <2018.05.11>

目次へ