メニュー

自分を見つめて描く・つくる

作品を選択すると,その作品の全体と作者の言葉がご覧いただけます。

  • 想い

    想い

    水彩 / 36.4×51.5cm / 埼玉県,3年

    想い

    想い

    水彩 / 36.4×51.5cm / 埼玉県,3年

    作者の言葉
    この絵は私の好きなもの・ことを一緒に,自分の今の気持ちなどを色にあらわして描いた絵です。スパッタリングやにじみなど,たくさんの表現技法を使って描き,自分の今の感情や想いを素直にあらわすことができたのでよかったと思います。自分の苦しい気持ちやうれしい気持ちをしっかりと絵にこめることができました。
  • 旅の終わり

    旅の終わり

    水彩 / 51.5×36.4cm / 埼玉県,3年

    旅の終わり

    旅の終わり

    水彩 / 51.5×36.4cm / 埼玉県,3年

    作者の言葉
    旅から帰るときの疲れた気持ちや楽しかった気持ちを,自分の顔や周りのものであらわしてみました。そのため,周りのものの細かなところに気をつけて描きました。
  • 私の頭の中

    私の頭の中

    ダンボール / 高さ 約15cm / 秋田県,3年

    私の頭の中

    私の頭の中

    ダンボール / 高さ 約15cm / 秋田県,3年

    作者の言葉
    私はパソコンが好きで,数学が嫌いで,ネガティブな性格です。難しい計算問題が出たときや,友だちとうまくいかないときは「もう無理~お手上げ~」と思ってしまいます。そんな自分をエラーメッセージで表現しました。また,そこにはYes / Noで物事を判断したい自分の気持ちも含んでいます。これは中学生のときの作品で,今は高校生になりました。中学時代よりもバージョンアップした自分になるよう日々努力していきたいです。
  • 輝く未来の芽

    輝く未来の芽

    オイルパステル,コットン / 25.7×36.4cm / 埼玉県,2年

    輝く未来の芽

    輝く未来の芽

    オイルパステル,コットン / 25.7×36.4cm / 埼玉県,2年

    作者の言葉
    人の役に立てるような輝ける大人になりたいと思い,希望に満ちた今の自分の姿を,木の芽に例えて描きました。光の当たり方など,画家のボブ・ロスさんのタッチに学び,自分なりに美しく表現しました。
  • 「食」への思い

    「食」への思い

    鉛筆,水彩絵の具 / 26.5×38cm / 埼玉県,3年

    「食」への思い

    「食」への思い

    鉛筆,水彩絵の具 / 26.5×38cm / 埼玉県,3年

    作者の言葉
    私は食べることが大好きなので,いつもの自分をそのまま描きました。食べ物のことになると目がキラキラするとよく言われるので,目を強調してキラキラしているようにして,題名が伝わるように工夫しました。背景とごはんだけに色をつけて,自分を白黒にすることでごはんの存在感やウキウキしている感じを出しました。
  • 響かせて 私の音!

    響かせて 私の音!

    スチレンボード,粘土,アルミホイル,水彩絵の具 / 56×45cm / 埼玉県,2年

    響かせて 私の音!

    響かせて 私の音!

    スチレンボード,粘土,アルミホイル,水彩絵の具 / 56×45cm / 埼玉県,2年

    作者の言葉
    私は,小学4年生からトランペットを始めました。仲間と演奏している時間,それは私にとって一番楽しい時間です。一心不乱に音楽と向き合う私を,楽しみながら表現しました。
  • 人生キューブ

    人生キューブ

    画用紙,写真,鏡 / 高さ 9cm / 秋田県,3年

    人生キューブ

    人生キューブ

    画用紙,写真,鏡 / 高さ 9cm / 秋田県,3年

    作者の言葉
    ルービックキューブが好きなので,それを形にすることにしました。ルービックキューブの面の中心は絶対に変わらないので,ある面に好きなもの,その裏面に嫌いなものの中心がくるようにしました。面の中心は変わらないように,自分の好き嫌いも変わらないかもしれませんが,嫌いなままにしておかず,克服できるように努力していきたいと思います。
  • 将来の夢へ

    将来の夢へ

    リボン,ししゅう糸,コラージュ / 25×39cm / 秋田県,3年

    将来の夢へ

    将来の夢へ

    リボン,ししゅう糸,コラージュ / 25×39cm / 秋田県,3年

    作者の言葉
    私は髪を結うことが好きなので,将来は美容師になりたいと思っています。この作品は,自分が髪を結っているときに思うことを表現しました。リボンがちぎれているところがありますが,これはときどき失敗することをあらわしています。
  • 日々

    日々

    授業プリント,楽譜 / 38×54cm / 秋田県,3年

    日々

    日々

    授業プリント,楽譜 / 38×54cm / 秋田県,3年

    作者の言葉
    中学3年間で自分が学んだことをあらわすため,さまざまな教科のプリントをちぎってコラージュしました。吹奏楽部でコンクールに出たことも忘れられない思い出なので,コンクールで演奏した楽譜のコピーをちぎって,トランペットをつくりました。
  • 心の扉

    心の扉

    厚紙,紙粘土,ライト,針金 / 高さ 25cm / 秋田県,3年

    心の扉

    心の扉

    厚紙,紙粘土,ライト,針金 / 高さ 25cm / 秋田県,3年

    作者の言葉
    いつも臆病な自分を変えたいと思い,この作品をつくりました。自分が一番怖いと思っているお化けをモチーフにし,過去の自分,今の自分,将来なりたい自分をあらわしました。お化けの心の扉からは,自分の好きなものを飛び出すようにして,いつもは隠している自分の本当の気持ちがあふれ出てきているところを表現しました。
  • 色は匂えど散りぬ

    色は匂えど散りぬ

    アクリルガッシュ / 51×36.2cm / 福井県,3年

    色は匂えど散りぬ

    色は匂えど散りぬ

    アクリルガッシュ / 51×36.2cm / 福井県,3年

    作者の言葉
    藤の花の花言葉の一つに「steadfast(しっかりした)」というものがあり,その意味を持つ藤を散らすことで,勉強への意識の低下を示しました。絵の具を飛び散らせるのは,受験の不安を塗り潰そうとする心を表現しています。勉強をしない自分への戒めの想いを込めました。
  • 秘めた思い

    秘めた思い

    水彩 / 36×51cm / 北海道,3年

    秘めた思い

    秘めた思い

    水彩 / 36×51cm / 北海道,3年

    作者の言葉
    私は,強い意志を持っていない自分を「からっぽ」だと感じます。それを何もない部屋にぽつんと座っている自分を描くことであらわしました。しかし,そんな自分にも心の奥の奥には強い気持ちがある。そして,夢や願望がつまっている。そうした様子がわかるように,カラフルな色を使って表現しました。
  • 積極性

    積極性

    水彩,クレヨン / 36×25.5cm / 北海道,3年

    積極性

    積極性

    水彩,クレヨン / 36×25.5cm / 北海道,3年

    作者の言葉
    ものごとに対して積極的になりたいという思いを,さまざまな色や形をした吹き出しと,手を挙げている人を描いて表現しました。
  • 前進

    前進

    ポスターカラー,鉛筆 / 38.3×25.6cm / 北海道,3年

    前進

    前進

    ポスターカラー,鉛筆 / 38.3×25.6cm / 北海道,3年

    作者の言葉
    作品のタイトルどおり,夢や目標に向かって前に進んでいきたいと思い, 描きました。希望やあきらめない明るさを黄色で表現しました。
  • ソフトテニスをする自画像

    ソフトテニスをする自画像

    水彩 / 53.5×37.5cm / 長崎県,3年

    ソフトテニスをする自画像

    ソフトテニスをする自画像

    水彩 / 53.5×37.5cm / 長崎県,3年

    作者の言葉
    背景をどうするかなどを工夫して描きました。ソフトテニスをしていて,生き生きとした雰囲気を出したかったので,程よく明るい晴天で雰囲気を出しました。
  • 窓ガラスの向こう側

    窓ガラスの向こう側

    水彩 / 38×54cm / 長崎県,3年

    窓ガラスの向こう側

    窓ガラスの向こう側

    水彩 / 38×54cm / 長崎県,3年

    作者の言葉
    ガラスに映っている人の影の間から,奥の教室が見えるように透けた感じを出して描くのが難しかったです。全体的に水彩らしい淡い雰囲気の絵に仕上がりました。
  • 自分らしく

    自分らしく

    紙粘土,折り紙,靴ひも / 長さ 26cm / 山梨県,3年

    自分らしく

    自分らしく

    紙粘土,折り紙,靴ひも / 長さ 26cm / 山梨県,3年

    作者の言葉
    私がこの作品に込めた思いは「どんなときでも歩き続けたい」ということです。また,この作品を見てくれた人々にも同じ思いをこめてつくりました。この思いが多くの人に伝わるように,いろいろな折り紙でいろいろな形に切って貼りつけました。
  • 自分の物

    自分の物

    鉛筆,色鉛筆,ペン / 39.2×27.3cm / 山梨県,3年

    自分の物

    自分の物

    鉛筆,色鉛筆,ペン / 39.2×27.3cm / 山梨県,3年

    作者の言葉
    自画像をただ描くだけではおもしろくないと思い,自分が好きなものをメモ帳に書き出しました。たくさんのものを描きたいと思ったので,顔を半分にしたり,ヘッドフォンをかけたりして,工夫をしました。

光村コミュニティ(会員専用サイト)では,教材研究に役立つ資料を提供しています。ログインしてご覧ください。