メニュー

素材を生かして

作品を選択すると,その作品の全体と作者の言葉がご覧いただけます。

  • moratorium

    moratorium

    油彩,プラスチック,アルミニウムほか / 146.3×113.8cm / 岩手県,3年

    moratorium

    moratorium

    油彩,プラスチック,アルミニウムほか / 146.3×113.8cm / 岩手県,3年

    作者の言葉
    青年期の,年齢では大人の仲間入りをするべきときに達していながら精神的にはまだ発展途上の心の成長や葛藤を表現した。日常の素材を用いることで,物が溢れている現代をあらわし,臨場感や共感性をもたせた。
  • 勇壮

    勇壮

    紙,アクリル / 40×80×75cm / 愛知県,1年

    勇壮

    勇壮

    紙,アクリル / 40×80×75cm / 愛知県,1年

    作者の言葉
    このオオカミは動物園にいるような動物ではありません。自然の中で本能のままに吠えている獣です。素材を活かし,荒々しく野性味あふれる毛並みと,らんらんとした瞳を表現しました。
  • 繰り返すモノ

    繰り返すモノ

    ケント紙,和紙 / 77×58cm / 山形県,2年

    繰り返すモノ

    繰り返すモノ

    ケント紙,和紙 / 77×58cm / 山形県,2年

    作者の言葉
    風に乗って舞い上がる蝶を表現するために,配置を工夫しました。和紙には青いぼかし染めを,差し色として金色のもみ紙を使いました。私は散って落ちた蝶の羽が気に入っています。
  • 廃工場

    廃工場

    懐中電灯,緩衝材,スタイロフォーム / 縦40×横40cm / 秋田県,1年

    廃工場

    廃工場

    懐中電灯,緩衝材,スタイロフォーム / 縦40×横40cm / 秋田県,1年

    作者の言葉
    使われなくなって久しい雰囲気を出すため,さびや汚れの表現にこだわりました。また,巨大な物であるとわかるように,シャープペンシルの芯を使って,ディティールを細かくしました。
  • 光に向かって

    光に向かって

    アクリル,雑誌の切り抜きほか / 116.7×91cm / 宮城県,3年

    光に向かって

    光に向かって

    アクリル,雑誌の切り抜きほか / 116.7×91cm / 宮城県,3年

    作者の言葉
    高校1年生の後半からコラージュを中心とした制作に楽しさを感じ,ずっとコラージュを中心とした絵を描いてきました。今回の作品は高校での最後の制作だったので,今まで学んできたことや自分の感性を活かした絵を描くことができ,満足のいく制作をすることができました。
  • material

    material

    パネル,メディウム,アクリル,ペン / 116.7×90.9cm / 宮城県,2年

    material

    material

    パネル,メディウム,アクリル,ペン / 116.7×90.9cm / 宮城県,2年

    作者の言葉
    この作品のコンセプトは「ものの成り立ち」です。線一本一本を物質に見立てて,制作しました。背景は木材や画用紙,アクリル板などさまざまな材料を使い,色,大きさを変え,組み合わせました。
  • face

    face

    真鍮の棒材 / 縦17×横22cm / 宮城県,2年

    face

    face

    真鍮の棒材 / 縦17×横22cm / 宮城県,2年

    作者の言葉
    顔に付けることができる仮面のようなものをつくってみたかったので,やってみました。真鍮の棒の素材のよさをできるだけ生かせるように,一筆書きのシンプルなデザインにしました。
  • 廃都市とクジラ

    廃都市とクジラ

    粘土 / 13×13cm×14cm / 埼玉県,3年

    廃都市とクジラ

    廃都市とクジラ

    粘土 / 13×13cm×14cm / 埼玉県,3年

    作者の言葉
    「環」という字をテーマに作品をつくりました。私は「環」という字に広くて大きく,自然的なイメージがあったので,体の大きなクジラをメインにしました。海に沈み人がいなくなった廃都市と組み合わせて,神秘的になるよう,色使いにも気をつけました。
  • 絶やさない生気

    絶やさない生気

    金属板,ガラス,針金,革 / 縦50×横100cm / 愛媛県,1年

    絶やさない生気

    絶やさない生気

    金属板,ガラス,針金,革 / 縦50×横100cm / 愛媛県,1年

    作者の言葉
    長い年月を経てボロボロになっても生気をなくしてない様子を表現するためにつくりました。材料は,目にはガラスを,その他の部分は針金,金属板,革を使いました。
  • 優しい潜水艦

    優しい潜水艦

    金属板,粘土,レジン,マカロニ,竹 / 20×30cm / 愛媛県,1年

    優しい潜水艦

    優しい潜水艦

    金属板,粘土,レジン,マカロニ,竹 / 20×30cm / 愛媛県,1年

    作者の言葉
    海の中を優雅に泳ぐクジラに乗って,海の中を探検したいと思ってこの作品をつくりました。マカロニをサンゴに見立てるなど,材料にこだわりました。自分ならではの世界観になったのではないかと思います。
  • Wire Aquarium

    Wire Aquarium

    カラーワイヤー / 150×250cm / 香川県,3年

    Wire Aquarium

    Wire Aquarium

    カラーワイヤー / 150×250cm / 香川県,3年

    作者の言葉
    この作品は「水族館」がテーマの授業の際に,針金だけを使い自分たちの好きな魚や珍しい生き物をみんなで制作したものです。図鑑や写真集などから特徴をよく観察し,輪郭やえら,うろこ,体の模様などが表現できるように,太さの異なる針金を曲げる,ねじる,つなげるなど,試行錯誤を重ねました。一人ひとりがつくった作品が集結したとき,一体感のある水の中の世界を生み出すことができたと思います。
  • アスの準備

    アスの準備

    割り箸ほか / 183×80cm / 徳島県,3年

    アスの準備

    アスの準備

    割り箸ほか / 183×80cm / 徳島県,3年

    作者の言葉
    月の青,沈みゆく太陽の赤,月明りの黄。夜に見える月は,次の日をつくるために輝いていると捉えました。2460本の割り箸を使い太陽と月の神秘的な関係を表現した作品です。
  • MIRAGE

    MIRAGE

    鏡,木製パネル,紙,針金 / 180×90cm / 岐阜県,3年

    MIRAGE

    MIRAGE

    鏡,木製パネル,紙,針金 / 180×90cm / 岐阜県,3年

    作者の言葉
    作品のテーマは変身です。変身は願望です。人は誰しもが変わりたいと思うことがあるはずです。それは幻影かもしれません。蜃気楼のようにはかなく消えてしまうかもしれません。でもそれはキラキラと輝いて,自分を強くします。私のとって変身とは,自分が望んだ姿になるもので,明るい感情をもつものです。そんな変身を表現するために鏡を選びました。鏡の前に立てば,鑑賞者は変身することができます。エフェクトを示すことで変身を表現しました。白色は何色にでもなれることをあらわしています。
  • 生の記憶

    生の記憶

    廃材,板 / 100×100×200㎝ / 長野県,2年

    生の記憶

    生の記憶

    廃材,板 / 100×100×200㎝ / 長野県,2年

    作者の言葉
    私が生きている証明をつくりたい,と考えて制作しました。構想を練る段階で,ふと,物の「生」に思い当たりました。物は,人に捨てられ忘れられれば死んでしまいますが,そこには物の生きていた記憶と,使っていた人の記憶が詰まっています。そうした物を集め,それらの記憶を生き返らせたいと考えたのです。廃材の中には,私や私の親が子供の頃に使っていた物もあります。物に宿る記憶を,私の生の証明として,作品にしました。
  • ゴミバコカイジュウずんぐくむっくり

    ゴミバコカイジュウずんぐくむっくり

    ゴミ箱,紙粘土,手袋他 / 23.1×19.0㎝ / 北海道,1年

    ゴミバコカイジュウずんぐくむっくり

    ゴミバコカイジュウずんぐくむっくり

    ゴミ箱,紙粘土,手袋他 / 23.1×19.0㎝ / 北海道,1年

    作者の言葉
    日用品の新しい使い道を考えるという授業で制作しました。できるだけ役に立たない使い方で,という条件つき。この作品は,「劣化」「融合」「共食い」がコンセプトになっています。ゴミを入れるはずだったゴミ箱自身がゴミになってしまい,その悲しみから中に入っていたゴミとともに怪物に変化したというイメージです。誰かがこの作品を見たときに,何か底深いものや悲しみを感じてもらえたらいいなと思っています。
  • ○△□

    ○△□

    紙,段ボール / 36×30cm(閉じた状態) / 神奈川県,2年

    ○△□

    ○△□

    紙,段ボール / 36×30cm(閉じた状態) / 神奈川県,2年

    作者の言葉
    ポップアップブックの本を読んで,やってみたいと思ったのが制作のきっかけです。理系科目が得意で,各部分のサイズを決めるために三平方の定理を使い,モビール部分の釣り合いをとるためには物理で習う「力のモーメント」を考慮しました。製図にはアドビのイラストレーターも使いつつ,数値は小数点第六位まで細かく計算しています。同じ作業を繰り返えなさければならないこともあり,疲れました。と言いつつ楽しかったです。
  • cat

    cat

    コラージュ,カラー写真(Photoshopで加工) / 10.7×15.4㎝ / 東京都,2年

    cat

    cat

    コラージュ,カラー写真(Photoshopで加工) / 10.7×15.4㎝ / 東京都,2年

    作者の言葉
    この作品は皆で校内を回っておもしろい形・色の素材を撮影し,撮った画像を共通のフォルダーに保存。それらを自由に使ってコラージュし動物をつくるという課題で制作したものです。スリムでかっこいい動物を起用したくて調べたところ,猫の細身なシルエットが当てはまりました。素材を使用する際には,それが何なのかわかるように,その素材を活かしてつくりました。
  • フラミンゴ

    フラミンゴ

    コラージュ,カラー写真(Photoshopで加工) / 10.7×15.4㎝ / 東京都,2年

    フラミンゴ

    フラミンゴ

    コラージュ,カラー写真(Photoshopで加工) / 10.7×15.4㎝ / 東京都,2年

    作者の言葉
    この作品は皆で校内を回っておもしろい形・色の素材を撮影し,撮った画像を共通のフォルダーに保存。それらを自由に使ってコラージュし動物をつくるという課題で制作したものです。本物のフラミンゴに近づけつつ,どこまで遊べるか考えるのが難しかったです。こだわった点は顔を蛇口にした部分と,伸びた足です。胴体の石膏像はアクセントになっています。
  • sea horse

    sea horse

    コラージュ,カラー写真(Photoshopで加工) / 15.4×10.7㎝ / 東京都,2年

    sea horse

    sea horse

    コラージュ,カラー写真(Photoshopで加工) / 15.4×10.7㎝ / 東京都,2年

    作者の言葉
    この作品は皆で校内を回っておもしろい形・色の素材を撮影し,撮った画像を共通のフォルダーに保存。それらを自由に使ってコラージュし動物をつくるという課題で制作したものです。工夫した点は,USBケーブルの大きさや傾きを少しずつ変えることでタツノオトシゴの骨組みを表現したところです。またUSBケーブル自体が黒いため装飾として周りにカラフルなものを置きました。