メニュー

美術の授業
お悩み相談室

上野 行一

元高知大学大学院教授

授業のお悩み,一人で抱え込んではいませんか? 美術教育の専門家,上野先生が温かく受け止めます。

上野 行一 (うえの・こういち)

「美術による学び研究会」会長。高知大学大学院教育学研究科教授,帝京科学大学教授を務める。『私の中の自由な美術』,『風神雷神はなぜ笑っているのか』(光村図書)など著書多数。NHK高校講座「芸術(美術Ⅰ)」を監修。光村図書中学校「美術」教科書の著作者でもある。

第2回 発想や構想の力を育てるには?

2020.1.10

悩みを相談する先生のイラスト

A 発想を広げる方法を取り入れたり,話し合い活動を工夫したりしましょう。

先生方は発想や構想の力を育てるために,どのようなご指導をされているでしょうか。参考作品を見せる,資料を調べさせる等の指導をされることが多いかもしれませんが,それだけでは十分とはいえません。また,「よく考えましょう」という指示をしてしまいがちですが,それではなかなか生徒の思考は活性化しませんので,発問も含めた学習形態の改善が必要ですね。

生徒の発想を促すには,思考を促すための活動の手順を示すことが大切です。例えば,新しい学習指導要領の総合的な学習の時間編で示されている「考えるための技法」を活用することはその一つです。「考えるための技法」は,教科・科目を越えた全ての学習の基盤となる資質・能力として位置づけられています。

例えば,マッピングはすでに活用されている先生も多いと思いますが,他にもベン図,コンセプトマップなど,発想を広げるさまざまな方法があるので,積極的に授業に取り入れてみましょう。

また,グループでの話し合い活動もひと工夫したいものです。付箋を活用したり,必要に応じてグループのメンバーを入れ替えたりすることで,生徒たちの見方や考えを深めることができ,発想や構想の力を育てることにつながります。

発想や構想の力を育てる授業の例として,下の記事も参考にご覧ください。

「美術準備室」番外編

1月下旬公開予定の第3回は,「どう評価したらよいか迷います。」という質問にお答えします。

Illustration: 北村人

美術の授業に関するお悩みを大募集!

美術の授業についてご相談したい内容を,下記までお寄せください。
光村図書出版 広報課 「美術の授業 お悩み相談室」係
〒141-8675 東京都品川区上大崎2-19-9
Fax:03-3493-5483
E-mail:koho@mitsumura-tosho.co.jp