メニュー

美術の授業
お悩み相談室

上野 行一

元高知大学大学院教授

授業のお悩み,一人で抱え込んではいませんか? 美術教育の専門家,上野先生が温かく受け止めます。

上野 行一 (うえの・こういち)

「美術による学び研究会」会長。高知大学大学院教育学研究科教授,帝京科学大学教授を務める。『私の中の自由な美術』,『風神雷神はなぜ笑っているのか』(光村図書)など著書多数。NHK高校講座「芸術(美術Ⅰ)」を監修。光村図書中学校「美術」教科書の著作者でもある。

第3回 どう評価したらよいか迷います。

2020.1.23

悩みを相談する先生のイラスト

A 完成作品だけでなく,生徒の活動を通した学びを見る姿勢が大切です。

作品から生徒の学習状況を評価することは大切なことですが,生徒の学習過程と作品を切り離し,作品の出来ばえだけで評価しないよう,気をつけたいですね。

作品の評価を適正に行うには,学習の実施状況を目標に照らした観点ごとの評価規準を設定し,それに基づいて評価することが求められます。

作品以外から生徒の学習状況を把握し評価することは,作品の評価と同じくらい大切です。どのような方法で,生徒の学習状況を見取ったらよいのか,具体例を挙げてみましょう。

  • ワークシートに学習の振り返りを書かせます。漠然と感想を尋ねるのではなく,〔共通事項〕に関連づけて形や色,イメージなどを観点にした質問を用意しましょう。
  • 作品を展示してお互いの作品を鑑賞しあい,よいと思った所を付箋に書いて,貼らせます。
  • 小グループで互いに作品のプレゼンテーションをし,結果をまとめさせます。
  • 生徒が普段から関心をもっていることのメモやスケッチ,課題のアイデアスケッチ,制作の振り返り,制作途中の写真などをノートやスケッチブックに蓄積させます。

2月上旬公開予定の第4回は,「『表現』と『鑑賞』を関連づける,とは?」という質問にお答えします。

Illustration: 北村人

美術の授業に関するお悩みを大募集!

美術の授業についてご相談したい内容を,下記までお寄せください。
光村図書出版 広報課 「美術の授業 お悩み相談室」係
〒141-8675 東京都品川区上大崎2-19-9
Fax:03-3493-5483
E-mail:koho@mitsumura-tosho.co.jp