メニュー

広報誌のご案内

広報課

光村図書出版

光村図書から発行している広報誌について,ご紹介します。

広報誌「美術準備室」No.16 (2019年10月25日発行)

2019.11.5

「美術準備室」は,中学校の美術教育に関するさまざまな情報をお届けしています。年2回の発行です。

画像,美術準備室16号

今回の表紙は,美術家の富田菜摘さんです。金属廃材などを使い,動物をはじめとするユニークなオブジェをつくる富田さん。ときに2メートルを超える作品も手掛ける富田さんのアトリエは,意外にも一般的な戸建て住宅の一室でした。素材としての廃材の魅力を語る富田さんの姿を,ぜひご覧ください。

授業リポートでは,宣昌大先生(大阪府摂津市立第三中学校教諭)の授業を取材しました。「自然物の存在感を表現する」と題し,粘土や絵の具を使い,石の形や色を表現するという題材に取り組みます。宣先生が身近な石を「石先輩」と呼びかける,そのねらいとは――。

連載「この1点」では,西洋絵画への造詣が深い脳科学者の茂木健一郎さんに,ゴッホの「星月夜」の魅力についてご紹介いただきました。他にも,香川県の中学校美術部員が連携し,瀬戸内国際芸術祭へも参加している「オニノコプロジェクト」の取り組みなどをご紹介しています。

「美術準備室」のPDF版は,こちらからご覧いただけます。

「美術準備室」バックナンバー一覧