メニュー

使うもののデザイン・工芸

作品を選択すると,その作品の全体と作者の言葉がご覧いただけます。

  • 小梅の香炉~和の魅力~

    小梅の香炉~和の魅力~

    陶器 / 高さ 9cm / 埼玉県,1年

    小梅の香炉~和の魅力~

    小梅の香炉~和の魅力~

    陶器 / 高さ 9cm / 埼玉県,1年

    作者の言葉
    お香を焚いて心を落ち着かせられたらと思い,小梅の形をした香炉をつくりました。白と青緑で日本の上品さや,繊細な日本の自然を表現しました。
  • 朝食の皿

    朝食の皿

    陶器 / 約15×15cm / 富山県,2年

    朝食の皿

    朝食の皿

    陶器 / 約15×15cm / 富山県,2年

    作者の言葉
    本当にこんな皿があったらおもしろいし,おしゃれだなあと思い,つくりました。よりリアルになるように卵の部分などを仕上げました。
  • 紋

    陶器(信楽粘土) / 11×11cm / 富山県,1年

    紋

    陶器(信楽粘土) / 11×11cm / 富山県,1年

    作者の言葉
    日本独自のデザインに興味があり,紋をモチーフにしました。蓋には有名な武将の紋を取り入れ,側面にはオリジナルの紋を考えてつくりました。
  • 桐の舞

    桐の舞

    カツラ,ホウ,漆 / 各10×10cm / 埼玉県,2年

    桐の舞

    桐の舞

    カツラ,ホウ,漆 / 各10×10cm / 埼玉県,2年

    作者の言葉
    この作品の中央にある花や葉,つぼみは「桐」という植物です。この植物は,昔のタンスなどに使われていました。昔から親しまれていた植物なので,これをメインにしようと考えました。背景の小さな丸や線のような模様は,和紙の繊維と金箔をイメージしました。
  • 飛鯉夢想

    飛鯉夢想

    陶土,釉薬 / 直径 18cm / 愛知県,2年

    飛鯉夢想

    飛鯉夢想

    陶土,釉薬 / 直径 18cm / 愛知県,2年

    作者の言葉
    皿の形状に沿わせた形で鯉をデザインしました。背びれに動きが見えるようにうねりをつけて表現しています。鯉が水から飛び出す迫力のあるシーンを皿としての実用性を損なわないように,どう形づくるかをよく考えました。まだ見ぬ大空への希望や夢を鯉という形でうまく皿に投影できたと感じます。
  • クジャク草のそばで羽を広げる

    クジャク草のそばで羽を広げる

    陶土,釉薬 / 直径 18cm / 愛知県,2年

    クジャク草のそばで羽を広げる

    クジャク草のそばで羽を広げる

    陶土,釉薬 / 直径 18cm / 愛知県,2年

    作者の言葉
    左側にいくほど,メインであるクジャクの羽を大きくつくり,お皿の中に遠近感が出るようにしました。また,その横には「クジャク草」ともよばれるフレンチマリーゴールドを置いて,なるべく細かく花びらを表現するようにつくりました。
  • 花の名は

    花の名は

    ホオ,漆 / 高さ 9.4cm / 神奈川県,2年

    花の名は

    花の名は

    ホオ,漆 / 高さ 9.4cm / 神奈川県,2年

    作者の言葉
    とにかく主役の花を大きく見せるべく,花の下半分を切り取ってデザインしました。そのおかげで,花弁一枚一枚に,立体感やインパクトを与えられたと思います。なぜこの花を選んだのか覚えていませんが,我ながらナイスフラワーだと思います。

光村コミュニティ(会員専用サイト)では,教材研究に役立つ資料を提供しています。ログインしてご覧ください。