メニュー

マスク越しでも,ディスタンスをとっても,笑顔の交流!
〜「動き」のある授業で実現〜 (4)

再現後の対話で,より深い学びへ

2020年7月28日公開

札幌市立あやめ野中学校教諭 近野秀樹

第3回で触れた,文部科学省発行の「私たちの道徳 中学校」に掲載されている教材「誰かのために」(p184~185)を活用した授業実践について,今回は,場面再現の「動き」の後の対話の様子を紹介したい。

【参考】 私たちの道徳 中学校 (文部科学省)

―最後のおむすびを渡す動きの後,「自分なら学校に行けないかもしれない」という意見に対しての対話―

先生 みんなどう? そもそも,この子よく学校行ったなぁ,と先生も思う。(お母さんは)もうかなり具合も悪くて,次の外泊は,あるかわからないわけだし。

生徒 a 行けないかも。お母さんといっしょにいたい。

(うなずく生徒多数)

先生 (首をかしげる生徒に向かって)kさんは,どう?

生徒 k (お母さんが)明日死ぬと決まったわけじゃないから,なんか,いつもどおり,学校は行く。

先生 お母さんといっしょにいたくないの?

生徒 k う~ん,いたい。行けないかも。でも,お母さんは学校でいつもどおりがんばってほしいと(考えていると)思う。だから,やっぱり,学校行く。

先生 そうか。深いですね。

―「お母さんが娘にバトンタッチした大切なものとは?」という問いに対して,生徒たちがホワイトボードに書いたものを紹介した後の対話―

(「おむすびの日,母は『これが最後』とわかっていたか?」という話題になり,「わかっていた」の意見が多いという授業の流れの中で)

先生 sさん,「生きることを諦めない」って,「これで最後だとわかっている」という意見も多いけど。詳しく教えて?

生徒 s もう立てないくらいだし,でも,諦めなければもう一度おむすび作れるかもしれないから,最後かもしれないと思っていても,でももう1回作りたい。

先生 なるほど。みんなどう?

 (一同うなずく)

(mの書いた,「量より質」というホワイトボードの意見について詳しく聞きたいと言われて)

生徒 m 100年生きて,薄っぺらな人生とかだったら,40歳で死んでも,充実した人生のほうがいいな,っていうこと。

先生 それを娘に伝えたかった?

生徒 m 誰だっていつかは死ぬから,いつ死ぬかわからないから,濃く生きてねっていう。

先生 なるほど。

授業後の感想では,23人中8人もの生徒が,ワークシートの「印象に残った友達の言葉」で,mの「量より質」に共感したと記述していた。mの感想には,「量より質とは書いたけれど,でも本当にお母さんがそんな状態だったら,長生きしてくれるほうが,私はうれしいです」と書かれていた。

最後に,3年生の別の授業の様子も紹介したい。文部科学省発行教材「中学校道徳 読み物資料集」に掲載されている教材「帰郷」(p36~41)を活用した授業である。

【参考】 中学校道徳 読み物資料集 (文部科学省)

場面再現の「動き」で,老夫婦から「チャーハン」を押しいただく様子を再現した。一言も声を出さず再現の演技をする代わりに,マスクを外して演じる,という条件で行った。動きの後,マスクを付けて「考えたこと」を説明させると,「うまそう」「あ,チャーハン!」「懐かしい匂い」などの意見が出された。

「本物の岡持ち」「本物のチャーハン」などの小道具を活用することで,ウィズコロナのさまざまな制限の中でも,生徒は自我関与し,笑顔で対話を重ねながら授業を進めることができた。

長引いた自粛生活で友人との生身の交流が絶たれ,以前のような学校生活での活発さが見られない生徒も多い。しかし,道徳科の授業では,コロナ禍をただの障壁ではなく,貴重な人生経験という教材に変え,成長につなげている,たくましい子供たちの姿が感じられる。

そういった子供たちの姿に支えられ,元気をもらいながら,感染流行の第3波到来による再々休校に備え,自学自習が適さない特性をもつ「特別の教科」についても,オンラインでの学習法などを検討・準備しているところである。

本連載は,今回が最終回です。ご愛読,ありがとうございました。


掲載された記事および画像の無断転載を禁じます。