メニュー

英語をめぐる冒険

金原 瑞人

翻訳家・法政大学教授

翻訳家として,大学教授として,日々英語との関わりの中で感じるおもしろさ,難しさを綴ります。

金原瑞人(かねはら・みずひと)

1954年岡山県生まれ。翻訳家,法政大学社会学部教授。法政大学文学部英文学科卒業後,同大学院修了。訳書は児童書,一般書,ノンフィクションなど400点以上。日本にヤングアダルト(Y.A.)というジャンルを紹介。訳書に,ペック著『豚の死なない日』(白水社),ヴォネガット著『国のない男』(NHK出版)など多数。エッセイに,『サリンジャーに,マティーニを教わった』(潮出版社)など。光村図書中学校英語教科書「COLUMBUS 21 ENGLISH COURSE」の編集委員を務める。

関連記事/作者・筆者インタビュー

金原 瑞人(翻訳家)
「ゼブラ」(中学2年)