メニュー

通常学級での
特別支援教育

川上 康則

東京都立矢口特別支援学校主任教諭

通常学級で特に気をつけたい特別支援教育のポイントを,新任・若手の先生方に向けて解説します。

川上康則(かわかみ・やすのり)

1974年,東京都生まれ。東京都立矢口特別支援学校主任教諭。公認心理師,臨床発達心理士,特別支援教育士スーパーバイザー。立教大学卒業,筑波大学大学院修了。肢体不自由,知的障害,自閉症,ADHDやLDなどの障害のある子に対する教育実践を積むとともに,地域の学校現場や保護者などからの「ちょっと気になる子」への相談支援にも携わる。著書に,『通常の学級の特別支援教育 ライブ講義 発達につまずきがある子どもの輝かせ方』(明治図書出版),『こんなときどうする? ストーリーでわかる特別支援教育の実践』(学研プラス)など。

第29回 子どもの心に響く褒め方(1)

2018.09.26

今日のポイント

  • 褒めて伸ばすことはとても大切だが,その前提として,普段からの良好なコミュニケーションがないと空回りする。日常的に威圧的な指導を繰り返していて,大人の期待に沿うときだけ褒めるという指導者のもとでは,子どもたちもその魂胆を見抜く。
  • 子どもの心に響く効果的な褒め方は,“短く・太く!”が基本となる。
  • 柔和な表情,ぬくもりのある声のトーン,相手へのリスペクトを示す関わり,丁寧な所作など,その人の醸し出す非言語的なメッセージは,子どもに安心感をもたらす。

褒める前に確認しておきたいこと

昨今の教育や子育てに関する本を見ると,おおむね「褒めて伸ばそう」と書かれています。発達障害の有無にかかわらず,褒めることはとても重要です。しかし,「褒めれば誰でも伸びる」かのような錯覚に陥っていることはないでしょうか。

画像,子どもの心に響く褒め方

「信頼できる大人から褒められる」からこそ伸びるのであって,うわべだけで褒めても子どもは素直には喜びません。ましてや,日ごろ威圧的・高圧的な強い指導をしていて,大人の期待に見合った行動のときだけ褒めるというような指導者のもとでは,「どうせボクたちを都合よく動かそうとしているだけだろう」と,子どもたちだってその意図を見抜いてしまうのではないでしょうか。

また,子どもによっては「そこを褒められても,ちっともうれしくないんだよな~」という,ちょっとしたこだわりやプライドがあります。その子なりの褒めどころを押さえるには,やはり日ごろからの良好なコミュニケーションが欠かせません。

効果的な褒め方は,短く・太く!

最近の子どもたちの多くは,「ビジュアルラーナー(見て学ぶ人)」だといわれます。目で見て情報を理解する力にたけている一方で,話を長く聞いていることは苦手です。つまり,長く褒めても聞いてくれていないのが普通なのです。子どもの心に響く効果的な褒め方の基本は「短く,太く!」です。具体的に考えてみましょう。

(1)感動詞を使う

「あぁ!(納得)」「いい!(同意)」「うーん(降参)」「えーっ!(驚愕)」「おぉ!(感嘆)」などの感動詞は,どれも短く・太くという条件を満たします。しかも,「あなたの発言や行動に心が動かされた!」という気持ちの変容をダイレクトに表現することができます。

(2)問題のない行動のときは,すべて肯定する気持ちを伝える

「それそれ!」「そのまま続けて!」「今のペースで!」など,子どもの今のふるまいが適切であることを伝えたうえで,その行動を後押しする意図を伝えるようにします。

(3)行動をそのまま2回続けて言う

「うん,書いてる書いてる」「おっ,読んでる読んでる」など,行動をそのまま2回続けて伝えるようにします。なぜか褒め言葉っぽく聞こえてしまうという,いわば裏技です。子どもたちには決してネタばらしをしないようにしてください。

(4)形容詞を用いる

「(考えが)深い」,「(見方が)鋭い」「(器が)大きい」「(心が)広い」など,形容詞を用いることも,ひと味違う褒め方になります。

(5)大人びた子どもには,難しめの言葉をあえて用いる

「秀逸」「卓越」「傑出」「絶妙」「圧倒」などの言葉をあえて用いることで,子ども扱いしていないことを伝えることができます。

(6)ノンバーバル(非言語的)なメッセージに気を配る

どんな褒め言葉も,機嫌のよい大人の表情にはかないません。柔和な表情,ぬくもりのある声のトーン,相手へのリスペクトを示す関わり,丁寧な所作,穏やかな立ち居ふるまい,落ち着いた身振り手振りなど,その人の醸し出す非言語的なメッセージは,子どもに安心感をもたらします。どう褒めるかよりも,どういう大人でいるかを大切にしましょう。

次回も引き続き,子どもの心に響く褒め方について考えます。

Illustration: Jin Kitamura

目次

【第1回】 子どもはルールよりも「ラポール」にしたがう <2016.05.09>

【第2回】 「お試し行動」に振り回されないために <2016.06.08>

【第3回】 子どものつまずきを読み解く“知識”と“洞察力”を <2016.07.06>

【第4回】 教師としての軸・枠・型・幅をもつ <2016.08.09>

【第5回】 話を聞けない,指示が入らない子 <2016.09.12>

【第6回】 支援の空回りを防ぐ <2016.10.11>

【第7回】 切り替えが難しい子 <2016.11.09>

【第8回】 「気になる子」を気にしすぎる子 <2016.12.07>

【第9回】 「なんでオレだけ?!」に対する指導 <2017.01.11>

【第10回】 保護者の理解を得るために <2017.02.08>

【第11回】 落ち着きがない子 <2017.03.09>

【第12回】 「専門家」の言うことは絶対ではない <2017.04.06>

【第13回】 授業の規律や学級の秩序を乱す子 <2017.05.16>

【第14回】 「作戦ゴリラ」 <2017.06.08>

【第15回】 「きょうだい児」の理解 <2017.07.05>

【第16回】 ルールを守ることにこだわりを示す子 <2017.08.23>

【第17回】 人を頼るスキルが乏しい子 <2017.09.14>

【第18回】 「ムカつく」や「ウザい」が口癖の子 <2017.10.19>

【第19回】 子どもの「負の部分」に目が向いてしまうときに <2017.11.14>

【第20回】 二次的障害に陥らせないための三つのポイント <2017.12.15>

【第21回】 学級目標を飾りものにしない <2018.01.22>

【第22回】 忘れ物が多い子・提出物をなかなか出せない子 <2018.02.13>

【第23回】 「してほしいこと」を伝える <2018.03.15>

【第24回】 書こうとしない子の「尊重すべき歴史」 <2018.04.17>

【第25回】 「些細なこと」かどうかは,本人が決める <2018.05.15>

【第26回】 衝動性の高い子どもへの「三大禁じ手」 <2018.06.15>

【第27回】 問いをもち続け,当たり前を見直す <2018.07.17>

【第28回】 力加減の調節が苦手な子 <2018.08.24>

【第29回】 子どもの心に響く褒め方(1) <2018.09.26>

【第30回】 子どもの心に響く褒め方(2) <2018.10.24>

【第31回】 子どもの心に届く叱り方(1) <2018.11.19>

【第32回】 子どもの心に届く叱り方(2) <2018.12.12>

【第33回】 行動を制止されるとかんしゃくを起こす子 <2019.01.18>

【第34回】 「子ども理解」に欠かせない「四つの軸」 <2019.02.15>

【第35回】 引き継ぐ側の配慮,受け取る側の覚悟 <2019.03.13>

【第36回】 言葉よりも先に手が出る子 <2019.04.05>

【第37回】 ゲームにはまりがちな子どもたちが期待する授業とは何か <2019.06.10>

【第38回】 衝動的に人のものに触ってしまう子 <2019.07.22>

【第39回】 “HSC”感受性が強く、人一倍繊細な子 <2019.09.20>

目次へ