「飛ぶ教室」のご紹介

「飛ぶ教室」編集部

光村図書出版

児童文学の総合誌「飛ぶ教室」に関連した企画をご紹介していきます。

五味太郎編集号! スペシャル対談「見る癖,見る仕事」 五味太郎 × 江國香織

2015.07.03

「飛ぶ教室」42号(2015年7月25日発売)は,あの絵本作家・五味太郎さんを編集長に迎えます。抜群の感性が生かされた五味編集長ならではの企画がいっぱい!

今回はその中から,五味編集長と作家・江國香織さんの対談「見る癖,見る仕事」の内容を少しご紹介します。約25年前からお知り合いのお二人。ついつい本音も飛び出す(!?)対談になりました。

「ばったり」な二人

画像,対談の様子

(撮影:山本あゆみ)

五味 思えば,長いお付き合い。ふとしたときやふとしたところで劇的に会うから,おもしろいよね。

江國 そうですね。先日も,ばったり洋服屋さんで会ったり,パリで会ったり。最初にお会いしたのは,雑誌の対談でですね。

五味 そうか。

江國 はい。その対談は,対談相手をリレー形式で選んでいくもので,童話屋の社長が,以前童話屋でアルバイトしていた私をそれに引っ張ってくれて,社長と対談をしたんです。

五味 社長とアルバイト店員の対談(笑)。

江國 次に私が選ぶ番で,会いたい人は? って聞かれて,五味さんって答えて実現した。すごくうれしかったですね。

五味 そこから10年に1回ぐらいは,公に対談してるよね。本日もどうぞお付き合いを。

江國 はい。

バターとお砂糖

五味 『雪だるまの雪子ちゃん』(江國香織 作/山本容子 銅版画/偕成社/2009年)の中に,バターの塊っていうのがあるじゃない。あそこ大好きでさ。おれ,同じことやってるって。

江國 五味さんも?

五味 うん。バターの塊を口に入れるときって,おれも好きって思う。あれ,なんか勇気わく。エナジーなんだよね。バターだけじゃなく,お砂糖もさ。ポルトガルのお砂糖って,ゴリゴリ固まってるんだけど,あれも口に含むの好きで,含んだ途端に,「んっ,いい!」ってなるんだよね。

江國 そうですね。

五味 そういうこと文章で書いてあると,ちくしょうと思うね。あれは,文章じゃないと書けないんだよ,うん。

江國 でも,あの感じは,なんでしょうね。バターを使ったお料理はおいしいですけど,そのままエネルギーになる感じはしなくて,脂肪になりそうな感じがする。

五味 そうね。

江國 お砂糖も,お砂糖がいっぱい入ったケーキとかでは,なんか違う。

五味 口の中で溶けてくところが,自分の器官みたいなものが動いた実感があるんじゃないの?

江國 そう。そんな感じがしますよね。だからぜひじかに口に入れたい。

五味 そうすると,料理って客観的すぎるよね。「ホタテのバター炒め」におけるバターは,全然意味ないよね。

江國 そうですね。そのまんまじゃないと,駄目なんですよね。

五味 そう。あれはね,あの中で秀逸なんだよね,本当に。
『雪だるまの雪子ちゃん』の発想は,非常に絵本的。またイラストもあるんだけど,けっこうつらいよね,実はああいうのって。

江國 たぶんそうですね。

五味 山本容子さんがお描きになってるの?

江國 そうです。文章を書いてたときに想像した雪だるまとは,すごく違ったんですけど,今はもうあれしかない感じ。

五味 前に,「絵,描かないの?」って香織さんに聞くことから始まる対談,ありましたよね。「自分で描けよ」っておれが言ったら,「絵,描かない」って。

江國 (笑)。そうでした。

五味 「とても人さまにお見せできるものではないですから」ってね。でも,その人が頭の中で描いてる絵ってやっぱりすごくて,もったいないぐらいいいものが出てくるわけね。だから描いたらいいと思うんだけど。

続きは,「飛ぶ教室」42号(7月25日発行)で!

飛ぶ教室 第42号(2015年夏)

「飛ぶ教室」のTwitter公式アカウントがスタートしました! ぜひフォローしてみてください。

「飛ぶ教室」Twitter公式アカウント