メニュー

図書館へ行こう!

猪谷 千香

文筆家

図書館の最前線を知る筆者が全国の「子どもが集まる図書館」を訪ね,その魅力を紹介します。

猪谷千香(いがや・ちか)

東京都生まれ。明治大学大学院博士前期課程考古学専修修了。産経新聞で長野支局記者,文化部記者などを経た後,ニコニコ動画やハフィントン・ポスト日本版の記者として活動。2017年9月から弁護士ドットコムニュースの記者として取材を続ける。著書に,『つながる図書館』(ちくま新書),『町の未来をこの手でつくる』(幻冬舎)など。

第3回 「住みたい」と言われる図書館
――武蔵野プレイス(東京都)

2017.12.19

アンケートを取れば,「住みたい」と言われる街の上位にランクインする東京都武蔵野市。その図書館をネットで検索すると,やはり「住みたい」図書館と言われている。今年で開館6年になる「武蔵野プレイス」だ。

JR中央線と西武多摩川線が乗り入れる武蔵境駅から歩いて1分。公園の芝生の緑にひときわ映える,白くて丸みを帯びた建物が見えてくる。まるで,近未来の宇宙船のようなフォルムは,「市民の広場」をイメージして建築されたという。

画像,武蔵野プレイス

事前にYahoo!のリアルタイム検索で,「武蔵野プレイス」と打ち込んでみると,TwitterやFacebookに「おしゃれ」「また来たい」「武蔵野市民になりたい」というものから,「住みたい!」というものまで,利用者の声がずらりと並んだ。

ここまで,評価の高い図書館は珍しいだろう。実際,2016年度は195万人が利用した。当初,想定された来館者数は70万人だったというから,その人気ぶりがよくわかる。一体,この不思議な建物になぜ人々が集まってくるのだろうか。その理由の一つは,地下2階にあった。

「図書館」と書いたが,正確に言えば,武蔵野プレイスは図書館を含めた四つの機能を持つ複合施設だ。地上4階,地下3階の建物は,図書館の他に生涯学習支援や市民活動支援の拠点となっている。そして,地下2階にあるのが,「ティーンズスタジオ」と呼ばれる青少年活動支援拠点だ。20歳以下の子どもたちが自由に使える空間が広がっている。

まず,目立つのはフロア中央に広がる「スタジオラウンジ」。中でも真っ先に目に入ってきたのが,テーブルサッカーの台だった。それだけでも十分,楽しそうなのだが,テーブル席に加え,ソファ席や靴を脱いで横になれるスペースまである。ここでは,従来図書館で行われていた勉強や読書だけでなく,食事やおしゃべり,昼寝もできるのだ。

画像,スタジオラウンジ

もちろん,青少年向けの本や雑誌が揃う「アート&ティーンズライブラリー」もあるし,音楽やダンスのレッスンができるスタジオ,調理や工作ができるスタジオも備えられている。

画像,アート&ティーンズライブラリー

アート&ティーンズライブラリー

画像,パフォーマンススタジオ

パフォーマンススタジオでのダンスレッスン

最近,よく公共図書館の人と話していて話題になるのが,10代の子どもたちの「居場所」づくりだ。未就学児や小学校低学年は,親と一緒に公共図書館を利用してくれるが,それ以降は足が遠のいてしまう。いわゆる「若者の図書館離れ」といわれる傾向があるという。

学校と家庭の間,彼らがどこへ行くのかといえば,街のファストフード店やファミリーレストラン,ショッピングモールのフードコートで,友人たちと勉強したり,おしゃべりしたりして過ごすのだろう。自分の10代の頃を振り返って,それも悪くないと思いつつも,大人になった今では,あの「居場所」に本があったらもっといろいろなことができたのでは,とも考える。

それに,勉強や読書,おしゃべりだけが放課後の過ごし方ではない。社会が多様化している中,子どもたちもまた,多様化している。彼らのニーズに応える上で,図書館の機能だけに限らない武蔵野プレイスのあり方は,他の自治体の参考になるだろう。

「居場所」づくりは,ただ子どもたちにとって居心地の良い空間なだけではない。子どもたちはさまざまな悩みも抱えている。武蔵野プレイスのスタッフは,彼らの悩みを聞いたり,見守ったりしているのだ。事案によっては,その複合施設である強みを生かし,児童相談所やNPOなどにつなぎ,対応することもあると聞く。保護者や地域の人々にとっても,子どもたちが武蔵野プレイスにいてくれることが,安心につながっている。

10代をどのように過ごしたかが,子どもたちの未来を大きく変える。武蔵野プレイスで育った子どもたちがどんな大人になるのか,長い長い楽しみなのだ。

武蔵野プレイス

〒180-0023 武蔵野市境南町2-3-18
TEL:0422-30-1905
【開館時間】9:30~22:00
【休館日】毎週水曜日(祝日の場合は開館,翌日を休館)・年末年始・図書特別整理日

Photo: 武蔵野プレイス

次回は,「先生のための授業に役立つ学校図書館活用データベース」を紹介します。