メニュー

赤木かん子の読書Q&A

学校図書館(実技編)

パネルサインについて

いろんなパネルの使い方

今回は,東京都杉並区立済美小学校さんにご協力いただいて,いろいろなパネルの使い方をご紹介します。こちらの学校図書館は,夏休み中から準備をしてきて,「もう少しで完成!」というところまできています。

1 写真1-1 いろいろなパネルです。
写真1-2
2 写真2 地図みたいな大きいものもパネルにします。カバーの貼り方をやりましたね。パネルに貼らずに壁に直接貼るのと,3㎜,5㎜のパネルに貼るのでは,感じが変わるので,その場所にあったデザインを考えます。
3 写真3 こんな使い方もありです。棚の奥に貼っています。これは本がたくさん貸し出されるとサインが見える仕掛けです。
4 写真4-1 棚の横や裏側も使っちゃいましょう! その部屋がどう使われるのか,動線を考えて,どこにサインをつけたらわかりやすいかを考えて貼ります。
写真4-2
5 写真5 これは恐竜のコーナーで,特別大きなパネルを作ってみました。ちなみにこれは「実物大恐竜図鑑」(小峰書店)のカバー裏です。
6 写真6 他のと同じように,裏はブックエンドを使えばOKです。ブックエンドは両面テープで棚に止めてあります。

こんな風に,いろんなパネルの使い方ができると,学校図書館でも,雰囲気がまるでちがってきます。ぜひやってみて!
ページ先頭へ戻る