メニュー

書写の用具研究

編集部

光村図書出版

書写の用具を一つ取り上げ,書写用具店の方にお話を伺うコーナーです。

第6回 硯ができるまで

2017.10.02

昭和13年の創業以来,宝研堂の硯は,書家の先生など多くの人々に愛されています。2階にある工房では,硯の製作も行っています。その主な工程をご紹介します。

1. 石の形を整える

画像,硯ができるまで

採石された硯材を,丸鋸(まるのこ)を使って使用するサイズに切り分ける。次に円盤という,大きな円型の機械を使い,大まかな形に整える。

2. 機械彫り

画像,硯ができるまで

昔はすべて手彫りだったが,近年は墨堂の部分,墨池の一番深い部分などは機械を使って彫る。仕上げ彫りのときに時間がかからないよう,ていねいに彫る。

3. 仕上げ彫り

画像,硯ができるまで

機械彫りした硯材を整えるようにして,手で彫っていく。長方硯の場合,硯の胸の部分が左右対称に彫れているかなど,細心の注意を払う。

4. 磨き

画像,硯ができるまで

砥石や耐水ペーパーを使って,なめらかに研磨する。長方硯の場合,この磨きの工程がいちばん時間がかかり,また硯の出来を左右する。そして最後に泥砥石(どろといし)で目立てをする。

5. 仕上げ

画像,硯ができるまで

磨き上った硯をよく乾かし,全体に薄墨を塗る。墨が完全に乾いたところで漆(うるし)を塗り,いったん乾燥させる。その後,墨堂の部分の漆を磨いて完成。

次回は,紙について取り上げます。